公開日:2022/08/26

1人目と同じように贈る!2人目の「出産祝い」の選び方とマナー

友人や同僚に赤ちゃんが生まれたら、その誕生をお祝いして「出産祝い」を贈るという方は多いと思います。はじめての出産ならともかく、2人目の出産祝いには何を贈るのがよいのでしょうか。そこで今回は、2人目の出産祝いの選び方について解説します。選び方には、5つのマナーがあるので注意しましょう。

 

 

2人目の出産祝いを選ぶ際に押さえておきたい5つのマナー


11人目と同じようにお祝いをする

2人目の出産祝いを贈る上でもっとも大切なことは、1人目の出産祝いと差がつかないよう同じように贈ることです。例えば、1人目の時にお祝いの電話をしたのであれば、2人目の時にもお祝いの電話をするなどの配慮が大切です。1人目が手渡しで贈ったのであれば、2人目もできる限り手渡しで贈りましょう。

 

2)予算も1人目の出産祝いと同額に

2人目の出産祝いは、1人目の出産祝いと同額にするのが基本です。1人目よりも高い金額のものを贈るとマナー違反になるため、1人目と同額もしくは少し安い金額を目安に選ぶとよいでしょう。金額の目安は相手との関係性によって異なります。

 

・家族(息子、娘) 30,000~100,000円

・兄弟姉妹     10,000~50,000円

・親族       10,000~30,000円

・従兄弟      10,000~20,000円

・姪、甥      5,000~10,000円

・友人       3,000~10,000円

・知人(近隣の方) 3,000円程度

・上司、先輩    5,000~10,000円

・同僚、部下    1,000~5,000円

 

 

3)すでに持っているものかどうかを考慮する

出産祝いに育児用品を選ぶという方は多いと思いますが、2人目の出産祝いでは「いくつあっても困らないもの」「2人目に合わせて買い直す必要があるもの」を選ぶのがポイントです。なぜなら、必要な育児用品は1人目の出産の時に買い揃えている可能性があるからです。ベビー服やスタイは何枚あっても困らないものなので喜ばれると思います。育児スタイルは各家庭によって異なるため、お祝いを贈る相手の方針に合わせてギフトを選ぶとよいでしょう。

 

41人目のお子さんのことも配慮する

2人目の出産祝いを贈る際は、1人目のお子さんにも配慮してギフトを選ぶことが大切です。赤ちゃんがプレゼントをもらっている姿をみて、1人目のお子さんが「自分も欲しい」とプレゼントをねだったり、うらやましく思ったりする可能性もあります。年齢によっては、弟や妹が生まれたことで赤ちゃん返りをすることもあるので、兄弟姉妹で一緒に遊べる「おもちゃ」や「お人形」などを選ぶとよいでしょう。お揃いで着られる洋服やお菓子もおすすめです。2人目のお子さんに合わせたギフトを贈るのであれば、1人目のお子さんには別のギフトを準備するという選択肢もあります。

 

5)贈ってはいけないものもある

出産祝いには、贈ってはいけないものもいくつかあります。お別れを連想させる「ハンカチ」、お葬式やお供え物のイメージがある「日本茶」、縁が切れることを想起させる「刃物」、“4(死)”や”9(苦)“の語呂合わせになる「くし」などは、出産祝いにはふさわしくありません。また、メッセージカードを送る場合も、流産を想起させる「流れる」や短命を連想させる「短い」などの言葉は避けましょう。

 

<バターの風味豊か サクッと軽い食感と優しい甘さが人気の「シガール」はこちら

 

2人目にも出産祝いにおすすめのギフトはコレ!


おもちゃ

出産祝いの定番といえば、おもちゃです。ヒノキでできた積み木は、なめらかな触り心地と癒される香りが赤ちゃんの五感を刺激します。また、部屋に寝転がって遊べるプレイマットも人気です。柔らかくて触り心地のいい素材のものや、自宅の洗濯機で洗える手軽なものがおすすめです。

 

ベビーグッズ

おくるみ、バスローブ、スタイ、靴下などのベビーグッズも定番です。吸水性の高いものや、上質な素材のものを選びましょう。男の子にはリボンタイやロングパンツ、女の子にはフリルやリボンの付いたスタイとロンパースなど、ギフトセットもおすすめです。

 

カタログギフト

何を贈れば良いのか迷った場合は、カタログギフトがおすすめです。自分たちで好きなものを選べるので、すでに持っているものをプレゼントする心配もありません。本当に必要なものを受け取ってもらえます。

 

<サクッとした生地にチョコレートをサンド 「クッキーラングドシャー」はこちら

 

 

2人目にも出産祝いを贈りましょう!


出産祝いに明確な決まりはありませんが、1人目でも2人目でも、同じように出産祝いを贈るのがマナーです。「初めての出産でお祝いを贈ったのだから、2人目は贈らなくてもいいのでは?」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、たとえ2人目であっても出産は喜ばしいことだからです。出産の知らせを聞いているのにお祝いを贈らないのでは、相手に悪い印象を与えてしまう可能性もあります。上記にご紹介したポイントを踏まえ、2人目の出産祝いを贈りましょう。

 

<ご家族みんなで分け合える  ヨックモックのクッキー詰め合わせはこちら

 

 

いかがでしたでしょうか。新しい命の誕生は、たとえ何人目でも喜ばしいことです。「2人目はどうしよう?」と躊躇するのではなく、「家族が増えてよかったね」という気持ちを込めて、きちんと出産祝いを贈りましょう。1人目のお子さんの気持ちに配慮して出産祝いを選ぶことで、家族全員にお祝いの気持ちを伝えることができます。今回ご紹介したマナーをしっかり守って、心のこもった出産祝いを贈りましょう。

 

 

【関連コラム】

出産内祝いはどう贈る?ギフトの基本マナー&遅れた場合の対処法

関係性別「出産祝い」の相場 覚えておきたい”してはいけないこと”

プチギフトの定番と贈ってはいけないもの 結婚式 挨拶 お礼に

センスが光る 友人への出産祝いに贈りたいおすすめプレゼント5選

  1. クリスマス
  2. 水晶婚
  3. 定年退職祝い
  4. 出産祝い
  5. お菓子詰め合わせ
  6. 職場
  7. 結納返し
  8. 訪問
  9. 残暑見舞い
  10. 入学祝い
  11. 夏休み
  12. 葬儀
  13. 女子
  14. メッセージカード
  15. NG
  16. 新築祝い
  17. 相手別
  18. プレゼント.贈りもの
  19. 古希
  20. プレゼント
  21. 法事
  22. 快気内祝い
  23. 女子会
  24. 還暦
  25. 南青山ロール
  26. 産休
  27. ゼリー
  28. テレワーク
  29. 意味
  30. 退職
  31. 焼き菓子詰め合わせ
  32. 内祝い
  33. 敬老の日
  34. こどもの日
  35. 活用
  36. お花見
  37. 七五三
  38. 帰省
  39. 男子
  40. 家庭訪問
  41. 主婦
  42. 商品券
  43. お盆
  44. 暑中お見舞い
  45. クリスマスケーキ
  46. 半返し
  47. 解説
  48. ふくさ
  49. 永年勤続
  50. 冠婚葬祭
  51. 寒中見舞い
  52. 引越し内祝い
  53. 両親
  54. 立冬
  55. 紅茶
  56. ハロウィン
  57. クッキー詰め合わせ
  58. ひな祭り
  59. 通夜
  60. 叙勲
  61. 贈りもの
  62. 菓子折り
  63. 孫の日
  64. 社会人
  65. アイスクリーム
  66. メッセージ
  67. 書き方
  68. チョコ
  69. 転職
  70. スイーツ
  71. 白寿
  72. 香典返し
  73. プチギフト
  74. 中学
  75. 結婚内祝い
  76. 忘年会
  77. 詰め合わせ
  78. イベント
  79. 雨の日
  80. クッキー詰めわせ
  81. 銀婚式
  82. ガトーエクセラン
  83. 引越し
  84. 初正月
  85. ビジネス
  86. お泊り会
  87. お礼状
  88. お中元
  89. 年末
  90. カーネーション
  91. お見舞い
  92. 母の日ギフト
  93. 相場
  94. お供え物
  95. 卒業祝い
  96. ご褒美ギフト
  97. のし
  98. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  99. 差し入れ
  100. 子供
  101. 外国人
  102. フルーツジュレ
  103. 一人
  104. おもてなし
  105. タブー
  106. 会葬御礼
  107. 快気祝い
  108. サブレ
  109. 立秋
  110. 子どもの日
  111. 卒園
  112. 傘寿
  113. 定番
  114. オンライン
  115. 送り方
  116. バレンタインデー
  117. ティータイム
  118. 歴史
  119. いい夫婦の日
  120. 取引先
  121. 結婚
  122. 義母
  123. クッキーラングドシャー
  124. お正月
  125. お香典返し
  126. 上司
  127. ビスケット
  128. 出産
  129. シルバーウィーク
  130. スポーツ
  131. 暑中見舞い
  132. 成人の日
  133. 移転祝い
  134. 厄払い
  135. 長寿内祝い
  136. お月見
  137. お年玉
  138. 葬式
  139. 女性
  140. イースター
  141. クリスマスプレゼント
  142. 挨拶回り
  143. クッキー
  144. 新年会
  145. 金婚式
  146. 転勤
  147. 挨拶
  148. 陣中見舞い
  149. ギフト
  150. お餞別
  151. 景品
  152. 喪中
  153. 年賀状
  154. 結納
  155. アイデア
  156. 長寿
  157. 新生活
  158. ウエディング
  159. バレンタイン
  160. 昇進祝い
  161. 手土産
  162. 残暑お見舞い
  163. 七夕
  164. 仕事復帰
  165. 御礼ギフト
  166. 風呂敷
  167. 卒園祝い
  168. ハーフ成人式
  169. ゴールデンウィーク
  170. 上場
  171. 褒章
  172. お返し
  173. 福利厚生
  174. 友人
  175. お祝い
  176. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  177. 謝罪
  178. 結婚式
  179. マナー
  180. 掛け紙
  181. 災害見舞い
  182. 個包装
  183. 栄転祝い
  184. 引き出物
  185. ご褒美
  186. 餞別
  187. 命日
  188. おうち時間
  189. 休日
  190. 記念
  191. 贈り物
  192. 職場復帰
  193. 開店祝い
  194. 結婚祝い
  195. 弔事
  196. GW
  197. お食い初め
  198. 告別式
  199. 緑寿
  200. 主婦休みの日
  201. 旧盆
  202. 卒業
  203. 高校
  204. 株式上場祝い
  205. 洋菓子詰め合わせ
  206. 年末年始
  207. チョコレート
  208. お彼岸
  209. 初節句
  210. 端午の節句
  211. お菓子
  212. ポイント
  213. 豆知識
  214. 祝日
  215. ケーキ
  216. お取り寄せ
  217. 出産内祝い
  218. お供え
  219. 訃報
  220. 一人暮らし
  221. 楽しい
  222. 手渡し
  223. 季節のご挨拶
  224. お歳暮
  225. 卒寿
  226. 文化の日
  227. 逆バレンタイン
  228. 粗品
  229. 新盆
  230. 厄年
  231. 就職
  232. お礼
  233. 社内表彰
  234. 成人
  235. 誕生日
  236. おすすめ
  237. 赤ちゃん
  238. 転勤祝い
  239. 慶事
  240. 勤労感謝の日
  241. 成人祝い
  242. 義父
  243. ご挨拶
  244. 入学
  245. クッキーラングドシャ―
  246. お中元.マナー
  247. 復職
  248. 家族
  249. 米寿
  250. のし紙
  251. 期間限定商品
  252. 異動
  253. 義実家
  254. 入園祝い
  255. 水引
  256. 就職祝い
  257. シガール
  258. プロポーズ
  259. 帰省土産
  260. 文例
  261. コーヒー
  262. お土産
  263. 配送
  264. 引越し祝い
  265. 喜寿
  266. 梅雨
  267. 成人内祝い
  268. 過ごし方
  269. 退職祝い
  270. 節分
  271. ジューンブライド
  272. 社内イベント
  273. 結婚記念日
  274. ホワイトデー
  275. 由来
  276. 男性
  277. 子ども
  278. 発表会
  279. 親睦会
  280. 成人式
  281. 入社祝い
  282. 開業祝い
  283. 年始
  284. 節句
  285. 新築内祝い
  286. ダイヤモンド婚式
  287. 帰省暮
  288. 香典
  289. ラングドシャー
  290. 記念品
  291. 母の日
  292. お年賀
  293. お宮参り
  294. 焼き菓子
  295. 初詣
  296. 自分
  297. 冬至
  298. 二次会
  299. 年代別
  300. 周年記念
  301. 準備
  302. 父の日
  303. 上場祝い
  304. 洋菓子
  305. アイスティー