送料無料 季節のギフト お返し お祝い

お役立ちコラム

  • 2017/8/22

    季節お菓子ハウツー

    「trick or treat」
    ハロウィンにお菓子が配られる理由と歴史

    秋の一大イベント“ハロウィン”。10月に入ると街はハロウィンムードに包まれ、各所でハロウィンにちなんだ仮装パレードや行事が開催されます。
    ハロウィンといえば、子どもたちが思い思いの衣装に身を包み、「trick or treat!(お菓子をくれないとイタズラするぞ!)」を合言葉にお菓子を求めて各家庭を回るというイベントです。
    それでは、なぜハロウィンにお菓子が配られるようになったのでしょうか。今回は、ハロウィンの歴史を紐解き、お菓子との関係について探っていきましょう。

    ハロウィンの起源や由来とは? いつから始まったもの?

    諸説ありますが、ハロウィンは2000年以上も昔の古代ヨーロッパが始まりだと言われています。当時の古代ヨーロッパには、ケルト族と呼ばれる民族が住んでおり、彼らはドイルド教という宗教を信仰していました。この信仰では、11月1日になると秋の収穫の祝いと死者のお祭りであるサウィン祭という儀式を行います。また、ケルト族の中では11月1日は新年の始まりの日でもあります。新しい1年の幕開けに際し、その前夜である10月31日に前夜祭を行っていたのです。
    しかし、その後ケルト族はローマ人に侵略され、ローマ人が信仰するキリスト教が流入します。これによって、ケルト族の信仰とローマの祭り、さらにキリスト教が混ざり合い、ハロウィンが生まれたと言われています。

    「trick or treat」ハロウィンにお菓子を配るようになったのはなぜ?

    もともとケルト族は10月31日に死者のお祭りを行っていましたが、これは帰ってきた死者の魂が作物を荒らしたり、子どもをさらったりする悪事を防ぐためのものでした。
    仮面をつけたり仮装をして悪霊を追い払い、さらに悪霊が家の中に入らないよう厄払いとして外に作物を供えておいたのです。これが現代のハロウィンの由来になっていると言われています。
    お化けや魔女に仮装した子どもたちが「trick or treat!(お菓子をくれないとイタズラするぞ!)」と言いながらお菓子をもらうために家を回るという現代のハロウィンは、昔の厄払いが由来しているのです。

    ハロウィンに配るお菓子に決まりはあるの?

    「trick or treat!」という子どもの掛け声を聞いたら、「Happy Halloween」と言いながらお菓子をあげるのが海外での定番です。
    このとき子どもに配るお菓子ですが、とくに決まりはありません。一般的に喜ばれるのは、キャンディーやチョコレート、クッキーなどです。子どもたちが袋に入れて持ち歩くため、かさばりにくい小さなお菓子を用意しておくことが多いようです。
    また、衛生面や安心感から、小分け包装になっているものを選ぶこともポイントの1つで、海外でも小分けにしてあるお菓子を配るのが一般的です。

    日本でも毎年盛り上がっているハロウィン。経済効果で見ると、バレンタインデーを凌ぐ勢いだとも言われています。
    家族や友人を集めて、ハロウィンパーティーを楽しむのも素敵ですね。早めに準備をして、楽しいハロウィンを過ごしてくださいね。