お菓子は、

創造するもの。

「YOKUMOKU」ってどんな意味?

スウェーデンの首都ストックホルムから北へ約800kmの
北極圏の線上にある、森と湖に囲まれた小さな町の
名前(JOKK MOKK)。
そこには自然の厳しさとは対照的な家庭の温かさがあります。その語らいを弾ませるのは、いつも食卓を飾るホームメードのお菓子たち。その真心がこもった手作りのおいしさこそ洋菓子の真髄だと感じ、綴りも日本人に馴染みやすいように「YOKU MOKU」と変えて私たちは社名を名付けました。

菓子には、人を笑顔にする不思議な力があります。
創始者である藤縄則一は、戦後、原材料の確保が難しい中、自身のつくった菓子たちが人々を笑顔にすることに心打たれ、菓子づくりに生涯をささげました。
その思いを受け継いだ私達は、たくさんの人々においしい菓子を届けたい。そう願い、まごころを込めた菓子づくりを信念としています。
食べる人の喜ぶ顔を想像して、こころを込めてつくる。
これが創業以来続く「菓子作りの精神」です。

YOKUMOKUの

こだわり

今までにないお菓子をつくるには、今までにない困難がつきまとう。
それを乗り越えた時、手にしたものは。

はじめて、を創る。

日本で普通に手に入る原材料を使います。
珍しいものである必要はない。上質であることが、選ぶ基準です。
際立つ個性より、ひとつになっておいしくなれる。そんな素材を選んでいます。

特別より、格別。

菓子職人による、手づくりのおいしさが基本。
当然、機械の性能も、人間並みです。
「菓子は生き物。まごころ込めて手づくりすれば、菓子はおいしさで応えてくれる。」

「手」が抜けないレシピ。

ウソをつく必要も、ごまかす必要もない。
私たちの仕事場には、秘密や隠し事はありません。
お客様に安心して召し上がっていただけるお菓子を作るために、最優先すべきこと。

安全・安心。

たくさんのアイデアと、
たゆまない努力と、
たっぷりのまごころを込めて、
つくりました。

YOKUMOKUのお菓子が、
温かい笑顔と、
幸せなひとときを、
つくることができますように。