関連キーワード

公開日:2022/12/09

日頃の感謝を伝えよう!職場へのバレンタインスイーツはどう選ぶ?

2月14日のバレンタインデーには、恋人だけではなく、普段お世話になっている職場の方にもお菓子を贈るという方も多いですよね。
しかし、同期や後輩、目上の上司などさまざまな関係性の相手がいるため、職場用のバレンタインスイーツ選びは意外と難しいもの。社会人としての気配りが試されるようで、緊張してしまうという方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、職場用のバレンタインスイーツを選ぶ際に押さえておきたいマナーやポイントをいくつかご紹介いたします。

 

<日頃の感謝と、伝えたい想いを込めて ヨックモックのバレンタイン特集はこちら

 

職場へのバレンタインスイーツはどう選ぶ?


平均の相場は「500円〜1,000円」

職場の方に贈るバレンタインスイーツの相場は、商品によって異なりますが、一人当たり500円~1,000円程度が一般的なようです。相手別では、上司・取引先には500〜1,000円程度、同僚・後輩には100〜500円程度が相場です。「特別お世話になっているから」という理由で、あまりにも高額なものを選んでしまうと、かえって相手の負担になってしまう可能性があります。安すぎたり高すぎることのない、ちょうどいい金額のものを選びましょう。

 

簡単に食べられるシンプルなものを

職場の方に贈るバレンタインスイーツは、仕事の合間でも食べやすいシンプルなものを選ぶことが大切です。大きすぎるものや豪華すぎるものは避け、個別に包装されているものや、小箱に入ったものを選ぶようにしましょう。お返しの際に気を遣わせてしまうような高級な品も避けるのが無難です。
職場の人数が多い場合は、女性社員が合同でお菓子を購入する場合もあるかもしれません。その場合は、チョコレートだけではなく、クッキーなども入った詰め合わせを選ぶのがおすすめです。バラエティ豊かな詰め合わせを贈れば、大人数でも分けやすいだけではなく、チョコレートが苦手な方も手に取りやすくなりますよ。
特に、1つずつ包装されているタイプなら配って回りやすく、そのまま職場に置いておけば好きな時に手にとって召し上がっていただけます。クッキーやサブレなどの焼き菓子であれば、日持ちがするため喜んでいただけるでしょう。

 

<個包装でデスクワークの合間に楽しめる クッキー詰め合わせはこちら

 

相手に合わせたスイーツを選ぶ

個別にバレンタインの贈り物をする場合は、相手の好みや関係性に合わせたチョイスをしなければなりません。中にはチョコレートなどの甘いものが苦手な方もいるので、事前にしっかりと確認しておきましょう。また、金額やラッピングなどの見た目に大きな差が出ないようにするといった配慮も必要です。
目上の上司には、お酒を使ったスイーツや有名ブランドのスイーツなど少し高級感のあるシックなものを。お世話になっている先輩にはおしゃれなアソートメントなどを贈ると喜ばれます。気心の知れた同僚や後輩には、忙しい仕事の合間にちょっとした癒しを与えるようなユニークなギフトを選ぶのも良いですね。

 

女性社員が多い場合はお互いに贈り合うのもおすすめ

職場に女性社員が多い場合は、友チョコ感覚でお互いにおすすめのスイーツを贈り合ってみてはいかがでしょうか。男性に贈るのは少し気が引けるような、カラフルで可愛らしいチョコレートやおしゃれなパッケージのクッキーなどを交換すれば、バレンタインの雰囲気を存分に楽しむことができますよ。

 

心を込めたメッセージを添えて

プレゼントするバレンタインスイーツが決まったら、日頃の感謝の気持ちをつづったメッセージを添えて贈りましょう。「いつもありがとうございます」「これからもよろしくお願いします」などの簡単な一言を添えるだけでも好印象につながります。

 

<老若男女問わず喜ばれる バターの風味豊かなヨックモックの「シガール」はこちら

 

 

職場へのバレンタインギフトはこんなことにも気をつけましょう!


サイズに気を配る

もらったチョコを持ち帰る方もいるので、サイズやパッケージなどにも気を配るとよいでしょう。カバンに入るサイズが無難ですが、小さな手提げ袋などを一緒に用意しておくと好印象につながります。

 

渡すタイミングに気を付ける

職場でバレンタインのギフトを渡す場合はタイミングに注意しましょう。出社直後や昼休みなど相手の都合に合ったタイミングで渡しましょう。

 

できるだけ全員に同じものを渡す

職場でチョコを渡す場合は、できるだけ全員に同じものを配るようにしましょう。特定の人だけしか渡さないということが他の社員に知れると、社会人としての評価を下げてしまう可能性もあります。社員数が多くて全員に用意できない場合は、みんなでシェアできるような詰め合わせがおすすめです。

 

手作りのものは避ける

料理やお菓子作りが趣味という方でも、手作りのものを贈るのは避けましょう。喜ばれることもありますが、お返しのことを考えると余計な気を遣わせてしまう可能性があります。衛生的な問題を気にする方が多いので、できるだけ市販のものを贈るのがベストです。

 

<サクッとした生地にチョコレートをサンド 人気の「クッキーラングドシャー」はこちら

 

いかがでしたでしょうか。さまざまな年代・立場の相手がいるため、ついつい悩んでしまいがちな職場の方へのバレンタインスイーツ。職場によっては贈る際のルールなどが決まっている場合もあるため、先輩の女性社員に確認したり、同期と相談しながら選ぶのが良いかもしれません。年に1度のバレンタインは、日頃の感謝の気持ちを伝えるきっかけになるだけでなく、あまり話したことのない相手とも距離を近づけることができます。

今回ご紹介した内容を参考に、職場を和ませるようなスイーツを贈ってみてください。

 

【関連コラム】

プチギフトの定番と贈ってはいけないもの 結婚式 挨拶 お礼に

実は日本発祥だった!?バレンタインの起源と歴史

今年は何婚式?夫婦で祝う結婚記念日 プレゼント選びの注意点

  1. スイーツ
  2. アイデア
  3. 新築祝い
  4. 訪問
  5. イースター
  6. 送り方
  7. フルーツジュレ
  8. 義母
  9. 焼き菓子詰め合わせ
  10. うるう年
  11. 女子会
  12. 年代別
  13. 結納
  14. 永年勤続
  15. ホワイトデー
  16. 卒業祝い
  17. 掛け紙
  18. お盆
  19. 会葬御礼
  20. 結婚内祝い
  21. 訃報
  22. オンライン
  23. 仕事復帰
  24. プロポーズ
  25. スポーツ
  26. 手土産
  27. お宮参り
  28. 友人
  29. 水引
  30. 文化の日
  31. いい夫婦の日
  32. 一人暮らし
  33. ビスケット
  34. シガール
  35. 就職祝い
  36. 節句
  37. 主婦
  38. 成人の日
  39. 御礼ギフト
  40. 商品券
  41. 厄年
  42. 家族
  43. 弔事
  44. おもてなし
  45. 解説
  46. 香典
  47. 立秋
  48. 引越し内祝い
  49. メッセージカード
  50. 陣中見舞い
  51. 定番
  52. 男性
  53. 高校
  54. 父の日
  55. お礼
  56. 風呂敷
  57. 入学祝い
  58. 手渡し
  59. 金婚式
  60. バレンタインデー
  61. 旧正月
  62. 卒園祝い
  63. 退職祝い
  64. チョコ
  65. 贈りもの
  66. 勤労感謝の日
  67. 結納返し
  68. 成人
  69. クッキーラングドシャー
  70. 挨拶回り
  71. 由来
  72. 書き方
  73. 歴史
  74. 社内表彰
  75. 社会人
  76. 年賀状
  77. クッキー詰めわせ
  78. のし紙
  79. お餞別
  80. 女性
  81. 転勤
  82. 開店祝い
  83. お香典返し
  84. クッキーラングドシャ―
  85. 年始
  86. 引越し
  87. クッキー詰め合わせ
  88. 餞別
  89. クリスマスケーキ
  90. 葬式
  91. クッキー
  92. 長寿
  93. 節分
  94. 雨の日
  95. 楽しい
  96. 結婚祝い
  97. 新生活
  98. 一人
  99. 配送
  100. シルバーウィーク
  101. 告別式
  102. 新盆
  103. お花見
  104. お泊り会
  105. 年末年始
  106. アイスティー
  107. 冬至
  108. 株式上場祝い
  109. 菓子折り
  110. 新築内祝い
  111. 上場
  112. ゴールデンウィーク
  113. 文例
  114. 社内イベント
  115. 福利厚生
  116. ギフト
  117. 緑寿
  118. プレゼント.贈りもの
  119. 冠婚葬祭
  120. 喜寿
  121. 引き出物
  122. 成人内祝い
  123. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  124. 旧盆
  125. バレンタイン
  126. ハロウィン
  127. 閏年
  128. お祝い
  129. 出産
  130. ハーフ成人式
  131. 季節のご挨拶
  132. 差し入れ
  133. 移転祝い
  134. 子ども
  135. 慶事
  136. 卒寿
  137. 暑中見舞い
  138. カーネーション
  139. アイスクリーム
  140. 通夜
  141. お正月
  142. ひな祭り
  143. 贈り物
  144. NG
  145. 引越し祝い
  146. 余寒見舞い
  147. 初正月
  148. 洋菓子
  149. 母の日ギフト
  150. 快気祝い
  151. 洋菓子詰め合わせ
  152. 出産祝い
  153. 褒章
  154. 暑中お見舞い
  155. 定年退職祝い
  156. 残暑お見舞い
  157. 相場
  158. サブレ
  159. お見舞い
  160. 産休
  161. 残暑見舞い
  162. お歳暮
  163. お年賀
  164. おすすめ
  165. 義父
  166. 半返し
  167. 職場
  168. テレワーク
  169. ゼリー
  170. 御祝
  171. コーヒー
  172. 上場祝い
  173. お菓子詰め合わせ
  174. 水晶婚
  175. 成人式
  176. お供え
  177. 内祝い
  178. 古希
  179. 相手別
  180. 昇進祝い
  181. 米寿
  182. 義実家
  183. 休日
  184. 家庭訪問
  185. イベント
  186. こどもの日
  187. 粗品
  188. 栄転祝い
  189. 準備
  190. 災害見舞い
  191. 孫の日
  192. 詰め合わせ
  193. 選び方
  194. 過ごし方
  195. GW
  196. 赤ちゃん
  197. 卒園
  198. 七五三
  199. 入社祝い
  200. 結婚
  201. ビジネス
  202. プレゼント
  203. 新年会
  204. クリスマス
  205. ウエディング
  206. 発表会
  207. 焼き菓子
  208. 入園祝い
  209. 中学
  210. ガトーエクセラン
  211. 梅雨
  212. 記念品
  213. タブー
  214. 女子
  215. 子供
  216. お彼岸
  217. お年玉
  218. メッセージ
  219. お返し
  220. お中元.マナー
  221. ポイント
  222. 快気内祝い
  223. ご褒美ギフト
  224. 出産内祝い
  225. 個包装
  226. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  227. 寒中見舞い
  228. プチギフト
  229. ティータイム
  230. ジューンブライド
  231. 復職
  232. 外国人
  233. 記念
  234. 周年記念
  235. 子どもの日
  236. 葬儀
  237. おうち時間
  238. 自分
  239. ご褒美
  240. 厄払い
  241. ご挨拶
  242. 職場復帰
  243. 叙勲
  244. 結婚記念日
  245. 帰省
  246. 端午の節句
  247. お食い初め
  248. 香典返し
  249. 活用
  250. 傘寿
  251. 命日
  252. 誕生日
  253. お取り寄せ
  254. ケーキ
  255. 結婚式
  256. 世界
  257. 南青山ロール
  258. 豆知識
  259. 異動
  260. 転勤祝い
  261. お礼状
  262. 景品
  263. 卒業
  264. 上司
  265. 男子
  266. バレンタインギフト
  267. 開業祝い
  268. 法事
  269. 成人祝い
  270. 喪中
  271. 初節句
  272. マナー
  273. 母の日
  274. 敬老の日
  275. 還暦
  276. 挨拶
  277. ラングドシャー
  278. 退職
  279. 銀婚式
  280. クリスマスプレゼント
  281. 長寿内祝い
  282. 帰省暮
  283. 入学
  284. お菓子
  285. ふくさ
  286. 取引先
  287. お詫び
  288. 帰省土産
  289. 初詣
  290. 主婦休みの日
  291. 年末
  292. チョコレート
  293. ダイヤモンド婚式
  294. 親睦会
  295. お供え物
  296. 立冬
  297. 祝日
  298. 紅茶
  299. 夏休み
  300. 就職
  301. 二次会
  302. のし
  303. 逆バレンタイン
  304. 忘年会
  305. 転職
  306. 白寿
  307. お中元
  308. 意味
  309. お月見
  310. 両親
  311. 期間限定商品
  312. 七夕
  313. お土産
  314. 謝罪