公開日:2022/07/22

デキる営業マンになれる!ビジネス手土産の正しい渡し方と基本マナー

営業職として覚えておきたいビジネスマナーのひとつに、「手土産の渡し方」があります。手土産の選び方から渡すタイミング、添える言葉のひとつひとつまで、相手方には意外と見られているものです。

そこで今回は、取引先への訪問が多い営業マンが覚えておきたい「手土産の渡し方」のマナーについてご紹介いたします。また、ビジネス手土産の基本的な知識も解説しますので参考にしてください。

 

 

手土産はTPOに合わせて渡すのがポイント


手土産は、相手先にどのようなスタイルで持っていくのかで渡し方が異なります。

 

風呂敷に包んで持参する場合

手土産は風呂敷や手提げ袋に包んで持っていくと、汚れやホコリが付きにくくなります。ただし、相手に手土産を渡す場合は、相手の目の前で風呂敷から出し、品物だけを両手で持って正面に向けて渡します。風呂敷はたたんで持ち帰るのがマナーです。

 

紙袋に入れて持参する場合

紙袋から出して両手で正面に向けて渡します。紙袋はそのまま持ち帰りましょう。ただし、外で手土産を渡す場合は、品物だけを渡してしまうと、相手は持って帰れなくなってしまいます。そのような場合は「袋に入れたまま失礼します」などのようなお詫びの言葉を添えて渡しましょう。相手によっては、紙袋は失礼にあたる可能性があるため、できるだけ風呂敷などに包んで持参すると安心です。

 

<サクッとした生地にチョコレートをサンド 「クッキーラングドシャー」はこちら

 

 

「つまらないものですが」はNG


相手にギフトを渡す際の決まり文句になっている、「つまらないものですが」は、もともとは謙遜の意味を込めて使われ始めた言葉です。しかし、最近は、へり下りすぎだととらえられることがあるため、避けられる傾向があります。「心ばかりの品ですが」「お口に合うと嬉しいのですが」などのような控えめな言葉を添えると良いでしょう。

 

 

<老若男女問わず喜ばれる ヨックモックの「シガール」はこちら

 

 

さらに好印象につながる!ビジネス手土産の豆知識


ビジネスの手土産は、贈り方だけ知っていても意味がありません。下記にご紹介する手土産の基本マナーもしっかりチェックして好印象につなげましょう。

 

手土産は「3,000円〜5,000円」を目安に

手土産は、場合にもよりますが、3,000円~5,000円を目安にして選ぶのがおすすめです。あまり気合を入れすぎて値の張るものを選んでしまうと相手方に気を遣わせてしまうので注意してください。
手土産は、「良い関係を築きたい、続けていきたい」という気持ちを形として伝える大切な贈りものです。訪問先の近くで購入したものなどでは、急ごしらえであることが伝わってしまうことも考えられます。慌てて購入することのないよう、事前に準備しておくようにしましょう。

 

手土産は「挨拶後」に渡すのがベスト

手土産を最も渡しやすいのは最初の挨拶のタイミングですが、1番ベストなタイミングは、実は「名刺交換、挨拶が終わったあと」と言われています。取引先の方に出会ってすぐ渡すのではなく、名刺交換や挨拶が終わって落ち着いたあと、ビジネスの話題に移る前のタイミングを見計らって渡すのがベストです。ただし、お礼やお詫びで訪問した場合は、最初に渡すのが良いとされているため、時と場合によって柔軟に対応しましょう。

 

 

<ご予算やご用途に応じて選べる クッキー詰め合わせはこちら

 

 

手土産は個包装されたものが喜ばれる

会社を訪問する際に喜ばれる手土産は、やはり簡単に分けることができる個包装のもの。特に、日持ちするクッキーやマドレーヌなどの焼き菓子は定番です。また、夏は涼しげなゼリーを持って行くなど、季節や相手方の好みに合わせて選ぶと気が利いた印象を与えることができます。
相手方の好みがわからない場合は、奥様やお子さんなど、ご家族で楽しめるような手土産を選ぶと好印象につながります。季節限定品など、今しか手に入らないような特別感のあるものも喜ばれます。職場や部署など複数人に持っていく場合は、人数よりも少し多めに用意しておくと安心です。

 

相手先の人数より少し多めの個数を用意

手土産は、渡し終わってから「足りなかった」ということがないように、相手先の人数に合わせたギフトを選ぶことが大切です。全員に行き渡るように事前に人数をリサーチしておきましょう。実際の人数よりも、少し多めに用意しておくと安心です。

 

のし紙は「紅白蝶結び」がマナー

ビジネスで手土産を持参する場合は、のし紙をつけるのがマナーです。水引は、今後も長く付き合うことになることから「紅白蝶結び」のものを選びましょう。表書きは、相手に初めて手土産を渡す場合は「粗品」とし、2回目以降は「御挨拶」もしくは「御礼」と書きます。会社名は、水引の下部に正式名称で記入します。(株)は、株式会社と略さずに書いてください。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。今回は営業マンとして覚えておきたい「手土産」に関するビジネスマナーをご紹介いたしました。大事な取引先や担当者の方に手土産を渡す機会は何度もあると思います。手土産の選び方や渡し方をマスターして、デキる営業マンを目指しましょう。

 

【関連コラム】

失礼になる前に押さえておきたい!取引先に贈るお中元のマナー

取引先に贈る「お中元」のおすすめギフト

お中元とお歳暮の違いは?長いお付き合いに役立つ基本ギフトマナー

間違ったら恥ずかしい!水引の種類と正しい使い方

「お中元」を配送で贈るときのメリットとマナーって?

  1. 転勤祝い
  2. 配送
  3. 内祝い
  4. イベント
  5. お取り寄せ
  6. ギフト
  7. クッキーラングドシャ―
  8. おもてなし
  9. 還暦
  10. 古希
  11. 子どもの日
  12. 法事
  13. お見舞い
  14. 引越し
  15. 就職
  16. お彼岸
  17. 卒業祝い
  18. 結納
  19. 上司
  20. クッキー詰めわせ
  21. 葬式
  22. 男子
  23. 子供
  24. 褒章
  25. 初正月
  26. お中元
  27. チョコレート
  28. いい夫婦の日
  29. 移転祝い
  30. ウエディング
  31. 残暑見舞い
  32. お年玉
  33. 過ごし方
  34. 粗品
  35. 由来
  36. ふくさ
  37. 仕事復帰
  38. 中学
  39. 家族
  40. 傘寿
  41. 記念
  42. ガトーエクセラン
  43. 卒園
  44. 年末
  45. 南青山ロール
  46. 結納返し
  47. 一人暮らし
  48. 取引先
  49. 贈り物
  50. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  51. 一人
  52. バレンタインデー
  53. クッキー
  54. 洋菓子
  55. 詰め合わせ
  56. 新築祝い
  57. 帰省土産
  58. 女性
  59. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  60. 香典返し
  61. おうち時間
  62. 手土産
  63. 準備
  64. 帰省
  65. ゼリー
  66. 卒園祝い
  67. チョコ
  68. 緑寿
  69. 福利厚生
  70. クッキー詰め合わせ
  71. フルーツジュレ
  72. 暑中お見舞い
  73. 株式上場祝い
  74. メッセージカード
  75. 挨拶
  76. 逆バレンタイン
  77. 赤ちゃん
  78. 解説
  79. 活用
  80. 帰省暮
  81. 年末年始
  82. 結婚記念日
  83. 厄年
  84. 父の日
  85. 転職
  86. 新築内祝い
  87. 水引
  88. クリスマスケーキ
  89. 新生活
  90. 結婚祝い
  91. 新盆
  92. のし
  93. 入社祝い
  94. お歳暮
  95. 贈りもの
  96. 社内イベント
  97. 文例
  98. 暑中見舞い
  99. 社内表彰
  100. プレゼント.贈りもの
  101. ダイヤモンド婚式
  102. 義父
  103. 手渡し
  104. お泊り会
  105. 雨の日
  106. お食い初め
  107. 職場復帰
  108. ご褒美ギフト
  109. 挨拶回り
  110. 社会人
  111. 長寿内祝い
  112. 昇進祝い
  113. クッキーラングドシャー
  114. 白寿
  115. 紅茶
  116. 叙勲
  117. 景品
  118. 孫の日
  119. 命日
  120. マナー
  121. プレゼント
  122. 引き出物
  123. 卒寿
  124. カーネーション
  125. 成人内祝い
  126. ティータイム
  127. サブレ
  128. スイーツ
  129. ビスケット
  130. 両親
  131. シガール
  132. 七夕
  133. メッセージ
  134. お花見
  135. 外国人
  136. こどもの日
  137. 冠婚葬祭
  138. 母の日ギフト
  139. スポーツ
  140. お供え物
  141. 御礼ギフト
  142. お菓子
  143. ゴールデンウィーク
  144. 焼き菓子詰め合わせ
  145. 期間限定商品
  146. 菓子折り
  147. 立秋
  148. 義母
  149. 訪問
  150. 洋菓子詰め合わせ
  151. ご褒美
  152. 誕生日
  153. 結婚式
  154. お返し
  155. のし紙
  156. テレワーク
  157. プチギフト
  158. 銀婚式
  159. バレンタイン
  160. 快気内祝い
  161. 金婚式
  162. お盆
  163. 栄転祝い
  164. GW
  165. タブー
  166. 自分
  167. 子ども
  168. 定年退職祝い
  169. 陣中見舞い
  170. 半返し
  171. 異動
  172. 節分
  173. 謝罪
  174. 快気祝い
  175. 差し入れ
  176. 引越し内祝い
  177. アイデア
  178. 休日
  179. 季節のご挨拶
  180. 義実家
  181. プロポーズ
  182. 就職祝い
  183. 敬老の日
  184. 復職
  185. 七五三
  186. ハロウィン
  187. 女子
  188. 歴史
  189. 親睦会
  190. ホワイトデー
  191. 年代別
  192. 退職
  193. 勤労感謝の日
  194. お餞別
  195. 転勤
  196. お供え
  197. ひな祭り
  198. 成人式
  199. お祝い
  200. 喪中
  201. 初詣
  202. 開業祝い
  203. 喜寿
  204. 焼き菓子
  205. 周年記念
  206. 入学
  207. お中元.マナー
  208. 入園祝い
  209. 寒中見舞い
  210. 結婚内祝い
  211. シルバーウィーク
  212. 災害見舞い
  213. 旧盆
  214. 風呂敷
  215. アイスティー
  216. ご挨拶
  217. 上場
  218. 厄払い
  219. 出産内祝い
  220. イースター
  221. 会葬御礼
  222. 卒業
  223. お土産
  224. 節句
  225. 梅雨
  226. 成人祝い
  227. 年始
  228. お宮参り
  229. コーヒー
  230. 新年会
  231. 二次会
  232. 楽しい
  233. 高校
  234. 退職祝い
  235. 長寿
  236. お正月
  237. ジューンブライド
  238. お礼状
  239. お菓子詰め合わせ
  240. 香典
  241. 水晶婚
  242. 忘年会
  243. クリスマス
  244. 入学祝い
  245. 産休
  246. 母の日
  247. お年賀
  248. ハーフ成人式
  249. 訃報
  250. 端午の節句
  251. ラングドシャー
  252. ケーキ
  253. 豆知識
  254. 米寿
  255. 引越し祝い
  256. 職場
  257. 出産祝い
  258. 残暑お見舞い
  259. 個包装
  260. お香典返し
  261. 餞別
  262. お礼
  263. 上場祝い
  264. 結婚
  265. 初節句
  266. 男性
  267. 夏休み
  268. おすすめ
  269. 発表会
  270. アイスクリーム
  271. オンライン
  272. 家庭訪問
  273. 定番
  274. ビジネス
  275. 友人