公開日:2022/09/30

「弔事」って何?今さら聞けない本当の意味と基本マナーを解説

通夜や告別式など故人のために行う儀式を「弔事」と呼んでいます。私たち日本人の生活に深く関わっている「弔事」ですが、具体的にはどのような意味や由来があるのでしょうか。
そこで今回は、「弔事」の意味や種類、「のし」や「水引」の選び方など、大人として押さえておきたい弔事の基本マナーについて解説します。

 

<こころからの感謝の気持ちをかたちに ヨックモックのお香典返しはこちら

 

弔事の意味は?


弔事とは、通夜、葬儀、告別式などの「お悔やみごと」を指します。「弔」には、もともと「亡くなった方を弔う」という意味があることから、「亡くなった方を弔うこと=弔事」と呼ばれています。

弔事の反対の意味を持つのが、結婚や出産などのお祝いごとを意味する「慶事」です。慶事と弔事を合わせて「慶弔」と表すこともあります。

 

弔事の種類は?


弔事は、故人の逝去から通夜、葬儀・告別式、火葬、納骨までの一連の流れを指します。一般的には、初七日もしくは四十九日法要までが「弔事」に含まれます。

弔事と似た言葉に、法事があります。弔事は、「故人が亡くなったことを悔やみ悲しむ」のが目的ですが、法事は、一周忌法要や三回忌法要など一定の周期で行われる行事を指す言葉で、「故人の供養を行うこと」が目的です。四十九日法要は弔事にも法事にも含まれます。

 

弔事の際の「のし」と「水引」のマナー


弔事の際にもっとも頭を悩ませるのが、お供え物や香典に必要な「のし」や「水引」のマナーはないでしょうか。もし間違った選び方をしてしまったら、遺族に不快な思いをさせてしまう可能性もあります。しっかり確認しておきましょう。

 

のし

のしは、慶事や一般的な贈り物のみに使われるものなので、弔事にはつけないのがマナーです。弔事の場合は、水引だけが印刷された「のし紙」を使用します。お供え物を当日直接お渡しする場合は、のし紙は「外のし」にするのが一般的です。当日は多くのお供え物がお供えされるため、遺族に誰からのお供え物かをわかりやすくするためです。当日ではなく、後日持参する場合や郵送になる場合は、「内のし」にすることが多いようです。

表書きは宗教によって異なります。仏式の場合、四十九日前は「御霊前」、それ以降は「御仏前」となります。神式の場合は「御榊料」もしくは「玉串料」、キリスト教式は「御花料」と書きます。宗教がわからない場合は「御香料」と書きましょう。

送り主の名前は、のし紙の下部にフルネームで記載します。連名の場合は、立場や年齢が上の方が右にくるように並べて名前を書きます。記載できるのは3名まで、4名以上になる場合は「有志一同」「社員一同」としてまとめます。夫婦の場合は、夫の名前をフルネームでかき、妻はその左側に下の名前のみを記載します。

表書きは、悲しみの涙で墨が薄れるということから薄墨で書くのがマナーです。毛筆がふさわしいとされていますが、筆ペン、サインペンでも構いません。

 

水引

弔事の場合、水引は「結び切り」のものを用います。結び切りは、一度結んだらほどけない結び方で、「繰り返さない」という意味があります。結び切りの一種である「あわじ結び」の水引は慶事と弔事どちらにも使用することができます。あわじ結びは、輪の部分が鮑(あわび)を表しており、両端を持って引っ張るとさらに強く結ばれることから、「末永くお付き合いする」という意味があります。

水引の色は宗教によって異なります。仏式の場合は、「黒白」もしくは「双銀」のものを、神式の場合は、「黒白」「双銀」もしくは「双白」のものを選びます。キリスト教式の場合は、水引は不要です。どの色にするのか迷った場合は、「黒白」の水引を選ぶとよいでしょう。

 

あわせてチェック!香典とお供え物のマナー


香典

弔事の際には、香典袋(不祝儀袋)に現金を包んで通夜もしくは葬儀に持参します。

香典袋の種類は宗教によって異なります。仏式の場合は「白無地」もしくは「蓮の絵柄が描かれたもの」を、神式の場合は「白無地」、キリスト教式の場合は「白無地」もしくは「十字架やユリが描かれたもの」を使うのがマナーです。迷った場合は、「白無地」を選ぶとよいでしょう。

現金を入れた香典袋は汚れないように「ふくさ」に包みます。弔事の場合は、紫、青、藍色、灰色などの暗い色のものを使います。

香典の渡し方にもマナーがあります。香典は基本的には通夜や告別式の受付で渡します。香典袋をふくさに包んだまま右手に置き、それを左手で開けます。香典袋の表書きが相手に読める向きで渡すのがポイントです。この時、「この度は誠にご愁傷様です」などのような故人を弔う一言を必ず添えましょう。受付が設置されていない場合は遺族に直接渡すか、御霊前にお供えしても構いません。

※香典の相場は?

香典の相場は、故人との関係性や参列者の年代によって異なります。
例えば、葬儀の場合は、

両親:30,000円〜100,000円
兄弟姉妹:30,000円〜50,000円
祖父母:10,000円〜50,000円
叔父叔母:10,000円〜30,000円
甥姪:10,000円〜50,000円
友人:5000円〜20,000円

故人との関係性が深くなるほど金額は高くなります。また、参列者の年代が上がるほど相場も上がります。

 

<ご用途やご予算に応じて選べる  クッキー詰め合わせはこちら

 

お供え物の相場と定番の品物は?


お供え物の相場は、5,000円〜15,000円が目安です。あまりに高すぎるものは遺族の負担になることもあるので、なるべく相場の範囲内で収めるようにしましょう。すぐに消費できるお菓子、季節の果物、ジュースなどの「消えもの」がお供え物の定番とされています。肉や魚などの生もの、賞味期限が短いもの、匂いがきついもの、常温保存できないものはお供え物には不向きなので避けたほうがよいでしょう。

 

<老若男女問わず愛される ヨックモックの代表作「シガール」はこちら

 

弔事の際の服装は?


男性の場合は、ダブルまたはシングルの黒のスーツを着用します。ワイシャツはレギュラーカラーの白無地を、ネクタイは黒の無地もしくはシンプルな柄物を選ぶのがマナーです。タイピンは不要です。靴は黒の革靴を履くのが一般的です。

女性の場合は、黒のワンピースまたはスーツを着用します。インナーはすべて黒で統一します。ストッキングも黒が基本ですが、通夜や法事などの席では肌色でも構いません。靴は金具や飾りがついたものやヒールの高いものは避けましょう。

 

弔事と慶事が重なった場合は、弔事を優先するのがマナー


万が一、弔事と慶事が重なってしまった場合は、弔事を優先させるのがマナーとされています。慶事は出席できなくても別の日に会うことができますが、弔事は故人と最後にお別れをする機会です。もちろん亡くなった方との関係性を考慮しながら優先順位を判断しましょう。

 

<のし・手提げ袋無料 ヨックモックのギフトサービスはこちら

 

いかがでしたでしょうか。弔事は、亡くなった方を悔やみ悲しむことです。通夜や告別式で故人を偲び無事に送り出すためには、大人として押さえておくべきマナーがあります。遺族の気持ちに寄り添いながら、正しいマナーで弔事を行いましょう。

 

【関連コラム】

知っていますか?香典返しの基本マナー 相場・時期・品物の選び方

相手や自分が喪中の時のお歳暮のマナー&故人宛てに届いた場合の対応

香典返しの基本マナー(時期・相場・タブー)&辞退された場合の対応

大人の常識がわかる!命日のお供え物のマナーと喜ばれる品物など

  1. 梅雨
  2. バレンタインデー
  3. 開業祝い
  4. 紅茶
  5. 七五三
  6. 米寿
  7. 祝日
  8. テレワーク
  9. 子ども
  10. 洋菓子詰め合わせ
  11. アイデア
  12. 株式上場祝い
  13. のし紙
  14. うるう年
  15. 喜寿
  16. 景品
  17. 配送
  18. 告別式
  19. 父親
  20. お祝い
  21. 自分
  22. スイーツ
  23. 寒中見舞い
  24. 慶事
  25. 訃報
  26. 一人
  27. 地域別
  28. 謝罪
  29. 栄転祝い
  30. 成人祝い
  31. 還暦
  32. ご挨拶
  33. コーデ
  34. サブレ
  35. 合格祝い
  36. クッキー
  37. 義母
  38. 休日
  39. ひなまつり
  40. プロポーズ
  41. お餞別
  42. 結婚記念日
  43. 誕生花
  44. 男性
  45. バレンタイン
  46. 社内表彰
  47. 新盆
  48. 定年退職祝い
  49. 節分
  50. GW
  51. 文化の日
  52. スポーツ
  53. お月見
  54. 楽しい
  55. 転職
  56. 退職祝い
  57. 社内イベント
  58. カジュアル
  59. お返し
  60. 掛け紙
  61. 詰め合わせ
  62. ハーフバースデー
  63. 年末年始
  64. 勤労感謝の日
  65. 災害見舞い
  66. 贈りもの
  67. おうち時間
  68. 意味
  69. 成人式
  70. 豆知識
  71. 手渡し
  72. 成人の日
  73. お中元
  74. 家族
  75. プレゼント
  76. 社会人
  77. 立秋
  78. 閏年
  79. 移転祝い
  80. 職場復帰
  81. 菓子折り
  82. 復職
  83. 長寿
  84. 季節のご挨拶
  85. ティータイム
  86. 謝恩会
  87. お菓子詰め合わせ
  88. 冬至
  89. 赤ちゃん
  90. 年代別
  91. 卒寿
  92. 義実家
  93. 引越し
  94. 粗品
  95. 年末
  96. ハーフ成人式
  97. 中学
  98. 入学式
  99. 卒業
  100. 開店祝い
  101. 家庭訪問
  102. 帰省暮
  103. 年齢別
  104. 記念品
  105. 七夕
  106. 初節句
  107. 個包装
  108. 快気祝い
  109. ポイント
  110. お食い初め
  111. お盆
  112. 転勤祝い
  113. 相場
  114. 服装
  115. 水引
  116. 上司
  117. 取引先
  118. 出産
  119. 義父
  120. ビスケット
  121. 新年度
  122. 御礼ギフト
  123. 銀婚式
  124. 立冬
  125. 上場祝い
  126. 残暑見舞い
  127. 傘寿
  128. 冠婚葬祭
  129. 旧正月
  130. 誕生日
  131. ラングドシャー
  132. 花言葉
  133. ホワイトデー
  134. 訪問
  135. 風呂敷
  136. 母の日ギフト
  137. シルバーウィーク
  138. パーティー
  139. 挨拶
  140. 送り方
  141. お取り寄せ
  142. ハロウィン
  143. 昇進祝い
  144. 挨拶回り
  145. 弔事
  146. 就職
  147. お香典返し
  148. マナー
  149. 結婚祝い
  150. アイスティー
  151. 女性
  152. 解説
  153. 金婚式
  154. お供え物
  155. 子どもの日
  156. 餞別
  157. 葬儀
  158. プレゼント.贈りもの
  159. イースター
  160. 焼き菓子
  161. 過ごし方
  162. 白寿
  163. ガトーエクセラン
  164. タブー
  165. 結婚式
  166. 長寿内祝い
  167. 初正月
  168. 両親
  169. ジューンブライド
  170. 就職祝い
  171. ビジネス
  172. いつ
  173. お中元.マナー
  174. ご褒美ギフト
  175. 夏休み
  176. 会葬御礼
  177. 水晶婚
  178. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  179. 相手別
  180. 叙勲
  181. 卒園
  182. 女の子
  183. 高校
  184. メッセージ
  185. 歴史
  186. プチギフト
  187. 逆バレンタイン
  188. 主婦
  189. 成人内祝い
  190. 香典返し
  191. 周年記念
  192. 父の日
  193. クッキー詰めわせ
  194. 贈り物
  195. オンライン
  196. 転勤
  197. 出産祝い
  198. お礼状
  199. 結婚
  200. ひな祭り
  201. 雨の日
  202. 世界
  203. 残暑お見舞い
  204. 孫の日
  205. 主婦休みの日
  206. 職場
  207. 入学祝い
  208. お呼ばれ
  209. 厄払い
  210. 結婚内祝い
  211. 期間限定商品
  212. 褒章
  213. 忘年会
  214. オフィスカジュアル
  215. バレンタインギフト
  216. クリスマス
  217. 入社祝い
  218. 産休
  219. 書き方
  220. お宮参り
  221. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  222. 暑中見舞い
  223. お泊り会
  224. お花見
  225. 文例
  226. 楽しみ方
  227. 旧盆
  228. 男女別
  229. 祝賀会
  230. 節句
  231. ケーキ
  232. 快気内祝い
  233. 活用
  234. 母親
  235. 端午の節句
  236. チョコレート
  237. 帰省土産
  238. 親睦会
  239. クッキーラングドシャ―
  240. 新築祝い
  241. こどもの日
  242. 面接
  243. 命日
  244. 年始
  245. シガール
  246. 新築内祝い
  247. ウエディング
  248. 法事
  249. おもてなし
  250. 由来
  251. 結納返し
  252. 古希
  253. クリスマスケーキ
  254. 半返し
  255. アイスクリーム
  256. お礼
  257. ゼリー
  258. 成人
  259. 出産内祝い
  260. 内祝い
  261. 入学
  262. 外国人
  263. イベント
  264. 十三詣り
  265. 喪中
  266. 母の日
  267. 手土産
  268. 平服
  269. 女子
  270. クッキー詰め合わせ
  271. 暑中お見舞い
  272. 異動
  273. 陣中見舞い
  274. 友人
  275. 女子会
  276. 商品券
  277. お歳暮
  278. ゴールデンウィーク
  279. 定番
  280. メッセージカード
  281. 永年勤続
  282. クッキーラングドシャー
  283. ご褒美
  284. ダイヤモンド婚式
  285. お土産
  286. 通夜
  287. 時期
  288. お年玉
  289. 新生活
  290. おすすめ
  291. 八十八夜
  292. お詫び
  293. コーヒー
  294. 年賀状
  295. 南青山ロール
  296. 法要
  297. NG
  298. のし
  299. 退職
  300. 卒業祝い
  301. 上場
  302. 準備
  303. お正月
  304. 新年会
  305. 帰省
  306. 緑寿
  307. お供え
  308. いい夫婦の日
  309. 香典
  310. お彼岸
  311. 卒園祝い
  312. 入園祝い
  313. 子供
  314. 引越し内祝い
  315. ふくさ
  316. ご祝儀
  317. 引き出物
  318. お見舞い
  319. 結納
  320. 発表会
  321. 洋菓子
  322. 仕事復帰
  323. 葬式
  324. お年賀
  325. 御祝
  326. 福利厚生
  327. 二次会
  328. 厄年
  329. 引越し祝い
  330. 敬老の日
  331. カーネーション
  332. 差し入れ
  333. 記念
  334. チョコ
  335. 一人暮らし
  336. 選び方
  337. 余寒見舞い
  338. クリスマスプレゼント
  339. フルーツジュレ
  340. ギフト
  341. お菓子
  342. 初詣
  343. 男子
  344. 焼き菓子詰め合わせ