公開日:2021/04/30

取引先に贈る「お中元」のおすすめギフト

夏の足音が近づいてくると、お中元の季節がやってきます。取引先の会社などビジネスで関わりのある方に贈るお中元は、特にマナーを守って贈ることが大切です。贈り方や間違えてしまえばビジネスに影響を与える可能性もあります。そこで今回は、取引先に贈るお中元の贈り方やおすすめのギフトをご紹介します。

 

 

お中元を贈る時期は?


お中元を贈る時期は地域によって異なります。関東では7月下旬〜8月中旬、関西では7月下旬〜8月中旬に贈りあうのが一般的です。贈る相手の地域に合わせて贈りましょう。

 

北海道:7月15日〜8月15日

東北:7月1日〜7月15日

関東:7月1日〜7月15日

東海:7月15日〜8月15日

北陸:7月1日〜7月15日(地域によっては7月15日〜8月15日)

関西:7月15日〜8月15日

中国:7月15日〜8月15日

四国:7月15日〜8月15日

九州:8月1日〜8月15日

沖縄:年によって異なる(旧暦の7月15日まで)

 

<バター豊かな風味は紅茶やコーヒーと相性抜群 「シガール」はこちら

 

金額の相場は?


取引先など会社宛に贈るお中元は、5,000〜10,000円程度が相場です。特にお世話になっているという取引先には10,000円を上限に選ぶとよいでしょう。ただし、お中元の授受を禁止しているという会社もあります。事前に確認しておくか、上司や先輩などに相談しましょう。公務員の方には法律で禁止されているので贈らないようにしてください。

 

会社宛に送るお中元の選び方は?


取引先など会社宛にお中元を贈る際には、以下のポイントを抑えて品物を選んでください。

 

個包装でシェアしやすいものを選ぶ
いつもお世話になっている取引先に贈る場合は、個包装のものを贈るとよいでしょう。仕事中や作業中などちょっとした時にすぐに食べたり飲んだりできるので便利です。会社内や部署内でシェアしやすいというメリットもあります。品物を選ぶ際は、社員数なども考慮し、なるべく多くの方に行き渡ることを想定しておきましょう。

 

日持ちがするものを選ぶ
会社には様々な取引先や関係者からお中元がたくさん贈られてきます。そのため、賞味期限が極端に短いものは避けたほうがよいでしょう。「なるべく早くお召し上がりください」という一言を添えたとしても、すぐに食べていただける保証もありません。長く日持ちがして、ゆっくりと食べられるようなものを贈ると喜ばれます。

 

見栄えのするものを選ぶ
気心が知れた相手に贈るのであれば、お中元に遊び心を取り入れてみるのもよいでしょう。例えば、カラフルなスイーツなどは目でも楽しめますし、定番のビールを贈る場合も地ビールなどのプレミア感のあるビールを選んでみるのはいかがでしょうか。次に会った時の会話のきっかけにもなるのでおすすめです。

 

<ご予算やご用途に応じて選べる クッキー詰め合わせはこちら

 

取引先の会社に贈りたいおすすめのお中元ギフト


取引先の会社に贈りたいおすすめのお中元をご紹介します。

 

洋菓子の詰め合わせ
クッキーやチョコレートといった洋菓子の詰め合わせは、お中元ギフトの定番です。個包装の商品が多く、みんなに配ることができるのもメリットです。パッケージもかわいいものから、シックなものまで、多彩にそろっているので、どんな取引先にも喜んでいただけると思います。ちょっとした仕事の合間や、疲れた時にサッと食べられるのも人気のポイントです。

和菓子
ご年配の方が多い取引先には、ようかんや冷やしぜんざいなどの和菓子がおすすめです。見た目にも涼し気なので、暑い夏の贈りものにはぴったりです。おせんべいやかりんとうなどの焼き菓子は、日持ちや保管が効くのもポイントです。老舗の高級和菓子は格式も高いので、あなた自身の好印象にもつながります。

冷たいスイーツ
お中元は暑い夏の贈りものなので、アイスクリームやゼリーなど、ひんやりとしたスイーツを選ぶという方もいらっしゃいます。有名店がプロデュースしたような季節限定のスイーツや、素材や品質にこだわったワンランク上のスイーツを選ぶのがポイントです。要冷蔵の商品を贈る場合は、贈り先に冷蔵庫があるかどうか。冷蔵庫の大きさに入るものか、などを確認しておくと安心です。

コーヒー
仕事中のブレイクタイムに欠かせないのが、コーヒーです。値段も手頃なうえ、集中力を高める効果があるので、会社に贈るお中元ギフトとして毎年人気です。豆から挽くタイプのものから、ドリップタイプのものまで種類も豊富です。贈り先に、コーヒーマシンがあるかどうかも確認しておくと間違いはないでしょう。

ジュース
さっぱりとした味わいのフレッシュジュースや健康を気遣ったようなジュースも人気です。日持ちが長く、みんなでシェアすることもできるのもポイントです。ギフトとして選ぶ場合は、コンビニやスーパーでは買えないような、ワンランク上のジュースを選びましょう。非日常の味わいが楽しめるので喜ばれるのではないでしょうか。

 

 

いかがだったでしょうか。お世話になっている大切な取引先には、今後のお付き合いのことも考えると、お中元は贈っておいたほうがよいでしょう。お中元を選ぶ際にもっとも大切なのは、贈る相手に想いを馳せることです。日頃のお付き合いを思い出しながら、本当に喜んでもらえそうなものを選んで贈りましょう。取引先に好印象を与えることができれば、あなたの社内評価もグッと高くなるかもしれません。

 

【関連コラム】

お中元とお歳暮の違いは?長いお付き合いに役立つ基本ギフトマナー

お中元はいつ贈る?贈りそびれた場合はどうするの?全国で異なるお中元を贈る時期を地域別にまとめて紹介

間違ったら恥ずかしい!水引の種類と正しい使い方

お中元は上司にも贈るべき? 相場は?おすすめのギフトは?好印象につながる必要なマナーをまとめて解説

「お中元」を配送で贈るときのメリットとマナーって?

  1. ガトーエクセラン
  2. 中学
  3. 栄転祝い
  4. 新築祝い
  5. 子ども
  6. プレゼント
  7. プレゼント.贈りもの
  8. 洋菓子
  9. 年始
  10. コーヒー
  11. 子どもの日
  12. 七五三
  13. クッキー詰めわせ
  14. 母の日ギフト
  15. 転職
  16. 告別式
  17. お礼
  18. 男性
  19. 義実家
  20. 引越し
  21. 義父
  22. 贈りもの
  23. 還暦
  24. GW
  25. 主婦休みの日
  26. 訃報
  27. 就職祝い
  28. 女子
  29. 高校
  30. 相手別
  31. 成人祝い
  32. 入社祝い
  33. 旧盆
  34. 成人の日
  35. 餞別
  36. お年賀
  37. 出産祝い
  38. 友人
  39. お礼状
  40. 節句
  41. オンライン
  42. 男子
  43. 外国人
  44. 取引先
  45. ご挨拶
  46. 手渡し
  47. ジューンブライド
  48. アイスティー
  49. ビジネス
  50. ご褒美ギフト
  51. お供え物
  52. クリスマスケーキ
  53. プロポーズ
  54. マナー
  55. 掛け紙
  56. イースター
  57. 傘寿
  58. 結婚内祝い
  59. お香典返し
  60. ケーキ
  61. 成人内祝い
  62. 通夜
  63. 産休
  64. 半返し
  65. 厄年
  66. 初節句
  67. サブレ
  68. お宮参り
  69. 災害見舞い
  70. 期間限定商品
  71. 喪中
  72. 商品券
  73. 喜寿
  74. 手土産
  75. 菓子折り
  76. お彼岸
  77. お菓子詰め合わせ
  78. ティータイム
  79. 一人
  80. 二次会
  81. 風呂敷
  82. 歴史
  83. 退職
  84. ホワイトデー
  85. 御礼ギフト
  86. 年末
  87. ウエディング
  88. 家庭訪問
  89. 親睦会
  90. 一人暮らし
  91. 洋菓子詰め合わせ
  92. カーネーション
  93. 水引
  94. 文例
  95. お見舞い
  96. 卒業
  97. 結婚祝い
  98. 葬儀
  99. 解説
  100. 義母
  101. 紅茶
  102. 周年記念
  103. ビスケット
  104. いい夫婦の日
  105. 立冬
  106. こどもの日
  107. 残暑お見舞い
  108. 仕事復帰
  109. 快気祝い
  110. 陣中見舞い
  111. 誕生日
  112. 職場
  113. 梅雨
  114. 退職祝い
  115. ゼリー
  116. アイスクリーム
  117. 南青山ロール
  118. 暑中お見舞い
  119. 快気内祝い
  120. 寒中見舞い
  121. ゴールデンウィーク
  122. 引越し祝い
  123. 入学
  124. のし
  125. 粗品
  126. 祝日
  127. 帰省暮
  128. 配送
  129. 赤ちゃん
  130. クッキー詰め合わせ
  131. ギフト
  132. 個包装
  133. 厄払い
  134. ご褒美
  135. 長寿内祝い
  136. お花見
  137. クリスマス
  138. 母の日
  139. ふくさ
  140. バレンタイン
  141. 冠婚葬祭
  142. 新盆
  143. 楽しい
  144. 両親
  145. 成人式
  146. 立秋
  147. 成人
  148. お中元.マナー
  149. お土産
  150. 挨拶
  151. 永年勤続
  152. 忘年会
  153. 会葬御礼
  154. 新年会
  155. 褒章
  156. ダイヤモンド婚式
  157. 結婚
  158. お菓子
  159. 命日
  160. スイーツ
  161. 卒寿
  162. 卒園
  163. 出産
  164. 送り方
  165. 過ごし方
  166. 由来
  167. 社会人
  168. ハーフ成人式
  169. 内祝い
  170. 帰省土産
  171. お泊り会
  172. 逆バレンタイン
  173. 定番
  174. シガール
  175. お返し
  176. 残暑見舞い
  177. お正月
  178. 入学祝い
  179. 新生活
  180. 昇進祝い
  181. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  182. NG
  183. 家族
  184. 緑寿
  185. 書き方
  186. 挨拶回り
  187. 結納
  188. テレワーク
  189. 異動
  190. 出産内祝い
  191. 結婚式
  192. 結納返し
  193. イベント
  194. 香典
  195. 転勤
  196. お食い初め
  197. シルバーウィーク
  198. 転勤祝い
  199. 暑中見舞い
  200. 新築内祝い
  201. タブー
  202. 初詣
  203. 孫の日
  204. 水晶婚
  205. 年賀状
  206. ひな祭り
  207. ラングドシャー
  208. 記念
  209. クッキーラングドシャー
  210. メッセージカード
  211. ポイント
  212. チョコレート
  213. 金婚式
  214. 開業祝い
  215. 就職
  216. お中元
  217. バレンタインデー
  218. 活用
  219. アイデア
  220. 景品
  221. 差し入れ
  222. 結婚記念日
  223. 銀婚式
  224. お月見
  225. 焼き菓子詰め合わせ
  226. ハロウィン
  227. プチギフト
  228. 米寿
  229. 意味
  230. 謝罪
  231. 初正月
  232. 法事
  233. 弔事
  234. 職場復帰
  235. 白寿
  236. 詰め合わせ
  237. 文化の日
  238. 卒園祝い
  239. 移転祝い
  240. 上場祝い
  241. お餞別
  242. お歳暮
  243. 七夕
  244. 慶事
  245. おもてなし
  246. クッキーラングドシャ―
  247. 相場
  248. 叙勲
  249. 勤労感謝の日
  250. 主婦
  251. 入園祝い
  252. 開店祝い
  253. お盆
  254. 訪問
  255. フルーツジュレ
  256. 葬式
  257. 年末年始
  258. お年玉
  259. 父の日
  260. 焼き菓子
  261. 上場
  262. 休日
  263. 端午の節句
  264. 贈り物
  265. 定年退職祝い
  266. メッセージ
  267. 復職
  268. 帰省
  269. 雨の日
  270. 卒業祝い
  271. チョコ
  272. クッキー
  273. 古希
  274. 子供
  275. スポーツ
  276. のし紙
  277. 福利厚生
  278. 記念品
  279. 引越し内祝い
  280. お取り寄せ
  281. 女子会
  282. 豆知識
  283. おすすめ
  284. 冬至
  285. 女性
  286. 社内イベント
  287. 上司
  288. 株式上場祝い
  289. 引き出物
  290. 季節のご挨拶
  291. 長寿
  292. 年代別
  293. 夏休み
  294. 節分
  295. 社内表彰
  296. 自分
  297. 香典返し
  298. お祝い
  299. 発表会
  300. 敬老の日
  301. クリスマスプレゼント
  302. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  303. お供え
  304. 準備
  305. おうち時間