結婚の引き出物の選び方とマナー

結婚披露宴に出席していただいた方に、お礼と感謝の気持ちを込めて贈るのが、引き出物です。「金額の相場は?」「何を用意すればいいの?」など、はじめて経験する方にとっては、不安なことも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、引き出物選びのポイントや金額、マナーなどについてご紹介します。

 

 

引き出物の由来は?


引き出物は、平安時代に宴を開いた貴族がその成功を祝うために、招待客への土産として馬を庭に「引き出して」披露してから贈ったことが由来といわれています。当時は宴会の主催者と、宴会に足を運んだお客様との関係が今後も良好に続くようにという願いが込められていたようです。そして明治時代以降に結婚式が庶民の間にも広まると、引き出物も一般的になっていきました。現代になってしばらくの間は、披露宴で振る舞った料理の一部を折詰にして持ち帰っていただくのが一般的な「引き出物」でした。このように時代に合わせて、さまざまに形を変えてきましたが、そこには「感謝の気持ちを伝えたい」という想いが変わらずに息づいています。

 

<きっとまごころ伝わる  ヨックモックのロングセラー「シガール」はこちら

 

<オンラインショップ限定  ヨックモックの洋菓子ギフト「ガトー エクセラン」はこちら

 

引き出物の品数の相場は?


引き出物の品数は、「メインの品物」+「引き菓子」に「縁起物」を加えた2〜3品が一般的です。ただし、地域の風習によって組み合わせるものが決まっていたり、品数を奇数に揃える場合もあります。決まりごとがわからない場合は、結婚式場のスタッフの方や双方のご両親などに相談してみましょう。

 

引き出物の金額の相場は?


引き出物の金額は、結婚式に出席していただくゲストの方からいただくご祝儀の金額を想定し、それに見合ったものを用意する必要があります。地域によって差はありますが、ひとつの目安としては、「結婚披露宴の食事の3分の1の金額」といわれています。例えば、披露宴で15,000円の料理と飲み物を提供する場合、引き出物は5,000円程度が相場ということになります。
以下、贈る相手別にポイントをご紹介します。高い方にするか、安い方にするか迷った場合は、高い方の金額を選んでおいた方が無難です。

 

親族への引き出物
親族への引き出物は、総額が7,000円〜12,000円くらいが相場です。親族とは一生のおつきあいになるので、引き出物を選ぶ前に、ご両親に相談されることをおすすめします。

上司への引き出物
上司への引き出物は、総額が5,000円〜10,000円くらいが相場です。一般的には同僚よりも高額なご祝儀をいただくことが予想されるため、その金額に見合った引き出物を用意して置く必要があります。挨拶や乾杯をお願いすることも多いので、友人や同僚よりもランクアップした引き出物を用意する方が多いようです。

友人・同僚への引き出物
友人や同僚など新郎新婦と同列の立場の方の場合、ご祝儀は30,000円が相場となっているため、引き出物の金額は総額4,000円〜7,000円くらいが相場となります。親族や上司よりもご祝儀の金額は低くなるため、引き出物の金額も控えめになる傾向があります。

 

引き出物の選び方は?


ゲストの方々に喜んでいただける引き出物を選ぶためには、最低限覚えておきたいマナーがあります。

 

品数は奇数
日本では昔から、お祝いの場では「割れる・分ける」を連想させる「偶数」を避ける傾向があります。引き出物を選ぶ際にも、「メインの引き出物」と「引き菓子」の組み合わせ以外に「縁起物」などをプラスして、品数の合計が「奇数」になるようにしましょう。尚、披露宴の最後にゲストに手渡しするプチギフトは、引き出物としてカウントされないので注意してください。

大きすぎない・重すぎないものを選ぶ
結婚式は着替えなどで荷物が多くなってしまうので、大きくてかさばるものや、重すぎるものを選ぶのはNGです。特に、女性や年配の方、遠方から来ている方にとっては、大きくて重い引き出物を持って帰るのは負担になることがあります。ある程度軽いものを選ぶか、どうしても大きくて重いものを渡したい場合は郵送サービスを利用しましょう。

もらって困るものはNG
新郎新婦の趣味を押し付けるようなものや、個性の強すぎるものは、なるべく避けた方が無難です。ひと昔前は、新郎新婦の名前や写真の入った品物も定番でしたが、よほど親しい間柄でなければ、置き場所に困る品物の一つです。全員に喜んでもらえるものを選ぶのは難しいですが、「もらって困らないもの」という視点で選んでみるのもポイントです。

縁起の悪いものはNG
「縁が切れる」を連想させる「刃物」や、「死(4)」や「苦(9)」の語呂合わせであるクシ、「箱が重なる=再婚」をイメージさせる「重箱」などは、縁起が悪いアイテムとされているため引き出物としてはふさわしくありません。猿の絵柄や猿の形をしたものも、「去る」に通じるためにNGです。また、靴や靴下、文房具などは、目上の人に対して贈らないようにしましょう。

 

<用途に応じたのしを無料でご用意 ヨックモックのギフトサービスはこちら

 

いかがでしたでしょうか。引き出物は、結婚式や披露宴に出席していただいたゲストの方々に贈る感謝の気持ちです。一生に一度の晴れの日が、贈る側にとっても、贈られる側にとっても幸せな気持ちになれるよう、心のこもった引き出物を選んでください。

 

【関連コラム】

結婚内祝いって何?贈る時期や相場は?覚えておきたい基本マナー

どんなものを贈ればいいの?「新築祝い・引越し祝い」のマナー

ティータイムを楽しもう! ギフトの洋菓子にぴったりの紅茶の選び方

プチギフトの定番と贈ってはいけないもの 結婚式 挨拶 お礼に

  1. いい夫婦の日
  2. 快気祝い
  3. プレゼント
  4. 異動
  5. 卒業
  6. 母の日
  7. 年末年始
  8. 文化の日
  9. 結納返し
  10. 義実家
  11. 引越し
  12. 結婚内祝い
  13. イベント
  14. 相場
  15. フルーツジュレ
  16. ジューンブライド
  17. 子ども
  18. 新築内祝い
  19. 季節のご挨拶
  20. 焼き菓子詰め合わせ
  21. 弔事
  22. 卒園祝い
  23. 陣中見舞い
  24. 子どもの日
  25. 意味
  26. 傘寿
  27. クッキーラングドシャ―
  28. 掛け紙
  29. 母の日ギフト
  30. 卒業祝い
  31. 叙勲
  32. 会葬御礼
  33. お年賀
  34. 一人
  35. 卒寿
  36. のし
  37. ティータイム
  38. お香典返し
  39. 贈りもの
  40. 赤ちゃん
  41. クッキー詰め合わせ
  42. 文例
  43. ゼリー
  44. 雨の日
  45. 手土産
  46. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  47. 謝罪
  48. 外国人
  49. 移転祝い
  50. 豆知識
  51. 褒章
  52. 快気内祝い
  53. 金婚式
  54. 香典
  55. お年玉
  56. 家族
  57. GW
  58. 就職祝い
  59. 立秋
  60. 菓子折り
  61. チョコ
  62. 節句
  63. 引越し内祝い
  64. アイデア
  65. 挨拶回り
  66. 結婚祝い
  67. お正月
  68. バレンタインデー
  69. クリスマスケーキ
  70. 成人の日
  71. 主婦
  72. 七五三
  73. 年始
  74. 親睦会
  75. 逆バレンタイン
  76. 差し入れ
  77. 引越し祝い
  78. クリスマス
  79. ラングドシャー
  80. 楽しい
  81. 結婚記念日
  82. 記念
  83. 卒園
  84. サブレ
  85. お返し
  86. 通夜
  87. 残暑お見舞い
  88. 定年退職祝い
  89. クッキー詰めわせ
  90. 暑中お見舞い
  91. 男子
  92. 南青山ロール
  93. ホワイトデー
  94. 白寿
  95. 結納
  96. ご褒美
  97. 転職
  98. 個包装
  99. 転勤祝い
  100. お菓子詰め合わせ
  101. 新築祝い
  102. お宮参り
  103. 初詣
  104. 商品券
  105. ウエディング
  106. 新盆
  107. 上場祝い
  108. 誕生日
  109. 冬至
  110. 一人暮らし
  111. 相手別
  112. 洋菓子
  113. 昇進祝い
  114. 就職
  115. ゴールデンウィーク
  116. 社内表彰
  117. 結婚
  118. 慶事
  119. 孫の日
  120. お菓子
  121. スポーツ
  122. 入社祝い
  123. 女性
  124. 祝日
  125. 贈り物
  126. ビスケット
  127. ガトーエクセラン
  128. 成人式
  129. マナー
  130. バレンタイン
  131. お盆
  132. 両親
  133. おすすめ
  134. シルバーウィーク
  135. 香典返し
  136. 寒中見舞い
  137. 自分
  138. クリスマスプレゼント
  139. お月見
  140. 二次会
  141. 家庭訪問
  142. ひな祭り
  143. 開業祝い
  144. 高校
  145. 粗品
  146. イースター
  147. お餞別
  148. お供え物
  149. 勤労感謝の日
  150. 紅茶
  151. 定番
  152. お泊り会
  153. 夏休み
  154. 父の日
  155. シガール
  156. 復職
  157. 半返し
  158. テレワーク
  159. 活用
  160. 転勤
  161. 葬式
  162. 仕事復帰
  163. メッセージ
  164. チョコレート
  165. 周年記念
  166. 年賀状
  167. 取引先
  168. 七夕
  169. 忘年会
  170. ハロウィン
  171. 退職
  172. お土産
  173. 友人
  174. 開店祝い
  175. ギフト
  176. オンライン
  177. お歳暮
  178. お食い初め
  179. 長寿内祝い
  180. 訪問
  181. 歴史
  182. 中学
  183. 水引
  184. お中元
  185. アイスクリーム
  186. お取り寄せ
  187. こどもの日
  188. スイーツ
  189. 敬老の日
  190. 職場
  191. 職場復帰
  192. お見舞い
  193. プロポーズ
  194. 詰め合わせ
  195. 社会人
  196. 餞別
  197. 梅雨
  198. 内祝い
  199. 成人内祝い
  200. 出産
  201. 景品
  202. 帰省暮
  203. 入学祝い
  204. NG
  205. 御礼ギフト
  206. 残暑見舞い
  207. おもてなし
  208. 立冬
  209. お中元.マナー
  210. カーネーション
  211. 上場
  212. 産休
  213. 子供
  214. 栄転祝い
  215. 解説
  216. 帰省
  217. 挨拶
  218. 退職祝い
  219. 成人祝い
  220. タブー
  221. アイスティー
  222. ビジネス
  223. おうち時間
  224. メッセージカード
  225. お祝い
  226. 告別式
  227. 入園祝い
  228. 主婦休みの日
  229. 帰省土産
  230. 送り方
  231. 年代別
  232. 葬儀
  233. 洋菓子詰め合わせ
  234. 暑中見舞い
  235. 引き出物
  236. ご挨拶
  237. 配送
  238. プチギフト
  239. 女子会
  240. お花見
  241. クッキー
  242. クッキーラングドシャー
  243. 期間限定商品
  244. 社内イベント
  245. 焼き菓子
  246. 過ごし方
  247. 株式上場祝い
  248. 上司
  249. 災害見舞い
  250. 初正月
  251. 喜寿
  252. ダイヤモンド婚式
  253. 米寿
  254. 書き方
  255. 成人
  256. 喪中
  257. 厄払い
  258. 新生活
  259. 男性
  260. 休日
  261. 年末
  262. 水晶婚
  263. 出産祝い
  264. 出産内祝い
  265. 還暦
  266. 旧盆
  267. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  268. 新年会
  269. お礼
  270. ポイント
  271. お礼状
  272. 結婚式
  273. 銀婚式
  274. 風呂敷
  275. 古希
  276. 義母
  277. 端午の節句
  278. ハーフ成人式
  279. 記念品
  280. プレゼント.贈りもの
  281. お供え
  282. 法事
  283. 手渡し
  284. 初節句
  285. 冠婚葬祭
  286. 入学
  287. 福利厚生
  288. 長寿
  289. 女子
  290. 永年勤続
  291. 命日
  292. 厄年
  293. 緑寿
  294. ケーキ
  295. のし紙
  296. 発表会
  297. 節分
  298. 由来
  299. ふくさ
  300. ご褒美ギフト
  301. 義父
  302. 訃報
  303. コーヒー
  304. お彼岸
  305. 準備