公開日:2022/10/14

知っていますか?「菓子折り」の意味と正しい渡し方・マナー

お礼やご挨拶、謝罪などで相手のもとを訪問する際、マナーとして持っていきたいのが「菓子折り」です。菓子折りを渡すことで、その場の雰囲気が和んだり、相手と気持ちが通じ合ったりすることがあります。菓子折りは、人と人をつなぐ「絆の贈りもの」とも言えるのではないでしょうか。

そこで今回は、菓子折りの由来や意味、渡し方のマナーなどについてご紹介します。

 

 

「菓子折り」の由来は?


菓子折りの由来には、いくつかの説があります。もっとも有力なのが、お菓子を詰めていた「折箱」を「菓子折り」と呼んでいたという説です。かつてお菓子は、一部の特権階級の人々しか食べることができない高級品であり、重箱に詰められた状態で販売されていました。それが時代とともに庶民の間にも広がり、重箱から厚経木で作られた折箱へと変わりました。この折箱が「菓子折り」と呼ばれるようになったきっかけと言われています。現在では、「菓子折り」は外箱に入った贈答用のお菓子全般を指し、感謝の気持ちや謝罪の気持ちを表す贈りものとして使われるようになりました。

 

<個包装だから、家族みんなで楽しめる ヨックモックのクッキー詰め合わせはこちら

 

「菓子折り」を渡すシチュエーションは?


菓子折りが活躍するシチュエーションはさまざまです。家族や友人・知人から、職場の上司や同僚、目上の人まで、誰かのもとを訪ねる際に渡す手土産や差し入れ、季節のご挨拶などに用いられます。時候の挨拶から取引先への訪問、実家への帰省、友人とのホームパーティー、ちょっとしたお祝いごと、イベントなどへの差し入れなど多岐に渡ります。また、謝罪や謝礼のような手ぶらで訪問するには失礼だと思える状況でも菓子折りが渡されます。菓子折りは、日常生活に欠かせない贈りもののひとつといっても良いでしょう。

 

<ご予算や相手に合わせて選べる「クッキーラングドシャー」はこちら

 

「菓子折り」の相場は?


菓子折りの相場は、目的によって異なりますが、3,000円〜5,000円程度が一般的な目安です。相手を恐縮させないためにも、比較的手頃な価格で用意できる品物を選ぶとよいでしょう。謝罪やお詫びの際の菓子折りは、相場よりも少し高めの5,000円〜10,000円程度のものを選びましょう。あまり高価なものを用意すると「品物で解決しようとしている」と反感を買ってしまう恐れがあるので注意してください。謝罪やお詫びの際は、菓子折りとは別に、手紙やお詫び状を添えるのもひとつの方法です。

 

「菓子折り」を渡すタイミングは?


菓子折りを渡すタイミングは、目的によって異なります。

 

お礼や時候の挨拶として渡す場合

菓子折りは、最初の挨拶の後に渡すのが基本です。紙袋から菓子折りを出し、相手に正面を向けて渡しましょう。「ご挨拶のしるしとして…」や「気持ちばかりの品ですが…」などのように、自分の気持ちを表す一言を添えると、より丁寧な渡し方になります。先方が複数人いる場合は、役職がもっとも上位の人に両手で渡します。

 

謝罪やお詫びの気持ちで渡す場合

謝罪やお詫びで菓子折りを渡す場合は、相手からお許しの言葉があってから渡すのが常識です。最初の挨拶の後に渡してしまうと、自分の不手際を手土産で清算しようとする悪い印象を与えてしまいます。謝罪をしても許していただけない場合は、持参した菓子折りを無理に押し付けるようなことは避けて、持ち帰りましょう。

 

<老若男女問わず喜ばれる  ヨックモックのロングセラー「シガール」はこちら

 

「菓子折り」にのしは必要?


菓子折りにつける「のし」は、菓子折りを渡す目的によって異なります。

 

お礼や時候の挨拶、お祝いとして渡す場合

お礼や時候の挨拶、お祝いとして菓子折りを贈る場合は、のし紙をつけるのがマナーです。水引は「紅白の蝶結び」を選び、表書きには「御礼」もしくは「心ばかり」と書きます。結婚のお祝いであれば「御結婚御祝」もしくは「御祝」と書きましょう。あまり仰々しくしたくない場合は、短冊のしを使ってもよいでしょう。短冊の形をしたのし紙で、箱のふたの右端に付けます。

 

謝罪やお詫びとして渡す場合

謝罪やお詫びのために持参する菓子折りには、のしがない無地ののし紙をつけるのがマナーです。のしはお祝い事を想起させてしまうため、反省をしていないような印象を与えてしまいます。表書きには「お詫び」や「陳謝」などの言葉を書きます。表書きの下には贈り主の名前を、表書きよりも少し小さめの文字で書きましょう。

 

ご挨拶として渡す場合

ちょっとした挨拶の際に菓子折りを持っていく場合、のしは付けても付けなくてもどちらでも構いません。のしを付けるのであれば、「蝶結び」の水引を選び、表書きには 「御挨拶」もしくは「粗品」と書くのが一般的です。また、贈り主の名前は表書きの下に。表書きよりも少し小さめの文字で書きましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。菓子折りは、渡す相手も目的もさまざまです。渡し方やのしの付け方など、押さえておかなければならないマナーもいくつかありますが、相手に感謝の気持ちやお詫びの気持ちを伝えるための大切なコミュニケーションツールでもあります。

菓子折りを選ぶ際は、渡す相手の気持ちを想像しながら選ぶようにしましょう。

 

【関連コラム】

ママ必見「子どものトラブル」で謝罪する時のマナー

信頼を取り戻す!取引先への謝罪と誠意が伝わる菓子折りの渡し方

ビジネスに差をつけるのは「手土産」!絶対に失敗しない選び方は? 相場は?のし紙は?おすすめのお菓子は?

  1. 七五三
  2. 成人の日
  3. 文化の日
  4. 慶事
  5. 勤労感謝の日
  6. カーネーション
  7. 菓子折り
  8. 由来
  9. メッセージカード
  10. 卒園
  11. 旧盆
  12. 新盆
  13. 餞別
  14. シルバーウィーク
  15. アイスティー
  16. 復職
  17. 新生活
  18. 謝罪
  19. 期間限定商品
  20. 就職
  21. 主婦
  22. おうち時間
  23. フルーツジュレ
  24. ウエディング
  25. 卒園祝い
  26. 退職祝い
  27. 残暑見舞い
  28. 社会人
  29. 女性
  30. お餞別
  31. 転勤
  32. ビスケット
  33. お中元.マナー
  34. 記念
  35. チョコレート
  36. 初詣
  37. テレワーク
  38. クッキー詰め合わせ
  39. 御礼ギフト
  40. 発表会
  41. 義実家
  42. 梅雨
  43. 職場復帰
  44. 母の日ギフト
  45. 楽しい
  46. 赤ちゃん
  47. 入園祝い
  48. 上場祝い
  49. 半返し
  50. 友人
  51. 喪中
  52. スイーツ
  53. 結婚式
  54. 卒業
  55. 父の日
  56. 残暑お見舞い
  57. 女子会
  58. 帰省土産
  59. 法事
  60. お彼岸
  61. 厄年
  62. 歴史
  63. スポーツ
  64. バレンタイン
  65. サブレ
  66. お祝い
  67. 洋菓子詰め合わせ
  68. 開店祝い
  69. 忘年会
  70. ギフト
  71. 快気内祝い
  72. 豆知識
  73. 送り方
  74. 成人内祝い
  75. 端午の節句
  76. 定年退職祝い
  77. ご褒美ギフト
  78. 贈りもの
  79. いい夫婦の日
  80. 粗品
  81. 取引先
  82. お返し
  83. タブー
  84. 厄払い
  85. 移転祝い
  86. 年代別
  87. 初正月
  88. 結婚記念日
  89. クリスマスケーキ
  90. 季節のご挨拶
  91. 成人式
  92. 香典返し
  93. 弔事
  94. 葬儀
  95. ホワイトデー
  96. 喜寿
  97. イースター
  98. 誕生日
  99. 年末
  100. お食い初め
  101. 義父
  102. 挨拶
  103. 記念品
  104. 差し入れ
  105. 年始
  106. 初節句
  107. 休日
  108. お礼状
  109. 書き方
  110. 年末年始
  111. 出産内祝い
  112. 手渡し
  113. 結納返し
  114. 葬式
  115. 出産祝い
  116. クッキー
  117. 金婚式
  118. 帰省暮
  119. 新築内祝い
  120. 昇進祝い
  121. お年賀
  122. お供え物
  123. 結婚
  124. 陣中見舞い
  125. 仕事復帰
  126. お盆
  127. 暑中見舞い
  128. プレゼント.贈りもの
  129. 逆バレンタイン
  130. 米寿
  131. 雨の日
  132. 子供
  133. 社内表彰
  134. 白寿
  135. チョコ
  136. ケーキ
  137. 栄転祝い
  138. 外国人
  139. シガール
  140. 文例
  141. 転職
  142. 水引
  143. 上司
  144. 贈り物
  145. お香典返し
  146. 両親
  147. 相場
  148. 節分
  149. 冬至
  150. 洋菓子
  151. プレゼント
  152. 風呂敷
  153. 上場
  154. 入社祝い
  155. お見舞い
  156. 節句
  157. お花見
  158. 親睦会
  159. お供え
  160. GW
  161. 家庭訪問
  162. 商品券
  163. 結婚祝い
  164. アイスクリーム
  165. クリスマス
  166. こどもの日
  167. ご褒美
  168. 祝日
  169. お中元
  170. 子どもの日
  171. お土産
  172. 新年会
  173. 男性
  174. メッセージ
  175. イベント
  176. 退職
  177. お正月
  178. ゼリー
  179. ジューンブライド
  180. 年賀状
  181. 転勤祝い
  182. 夏休み
  183. アイデア
  184. 帰省
  185. ティータイム
  186. 異動
  187. おすすめ
  188. 紅茶
  189. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  190. 新築祝い
  191. 女子
  192. 引越し内祝い
  193. 景品
  194. 叙勲
  195. 成人
  196. 南青山ロール
  197. 解説
  198. ハーフ成人式
  199. 冠婚葬祭
  200. 準備
  201. マナー
  202. 一人
  203. 香典
  204. 社内イベント
  205. 家族
  206. 引越し祝い
  207. 訪問
  208. 敬老の日
  209. 水晶婚
  210. ゴールデンウィーク
  211. 自分
  212. 寒中見舞い
  213. ダイヤモンド婚式
  214. 立秋
  215. 子ども
  216. 会葬御礼
  217. お取り寄せ
  218. オンライン
  219. 引越し
  220. 褒章
  221. 訃報
  222. 開業祝い
  223. 二次会
  224. ご挨拶
  225. お歳暮
  226. 還暦
  227. 入学祝い
  228. 株式上場祝い
  229. ガトーエクセラン
  230. お礼
  231. 永年勤続
  232. 意味
  233. ひな祭り
  234. のし紙
  235. 快気祝い
  236. 相手別
  237. ラングドシャー
  238. 焼き菓子詰め合わせ
  239. 配送
  240. 産休
  241. 告別式
  242. 内祝い
  243. 引き出物
  244. 福利厚生
  245. お泊り会
  246. 就職祝い
  247. 暑中お見舞い
  248. お宮参り
  249. 長寿内祝い
  250. 定番
  251. 母の日
  252. 中学
  253. 義母
  254. 詰め合わせ
  255. クッキー詰めわせ
  256. お菓子
  257. 焼き菓子
  258. 活用
  259. クリスマスプレゼント
  260. お菓子詰め合わせ
  261. 七夕
  262. ハロウィン
  263. お月見
  264. 掛け紙
  265. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  266. 卒業祝い
  267. 高校
  268. 手土産
  269. 過ごし方
  270. プロポーズ
  271. 災害見舞い
  272. 一人暮らし
  273. 長寿
  274. 主婦休みの日
  275. 個包装
  276. 通夜
  277. バレンタインデー
  278. 挨拶回り
  279. 結納
  280. プチギフト
  281. ポイント
  282. 命日
  283. 緑寿
  284. 成人祝い
  285. 古希
  286. 入学
  287. おもてなし
  288. お年玉
  289. 孫の日
  290. クッキーラングドシャー
  291. 周年記念
  292. のし
  293. 男子
  294. ふくさ
  295. 傘寿
  296. 出産
  297. 職場
  298. 結婚内祝い
  299. ビジネス
  300. クッキーラングドシャ―
  301. 立冬
  302. コーヒー
  303. 銀婚式
  304. 卒寿
  305. NG