関連キーワード

公開日:2021/12/03

いつ渡すのが正解?「お年玉」の正しいマナーや相場とは

お正月の恒例行事といえば、お年玉もそのひとつです。特に、子どもにとっては、何よりの楽しみですよね。しかし、お年玉の正しいマナーや相場を知っているという方は、少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、お年玉のマナーや相場などについてご紹介します。

 

お年玉の相場は?


お年玉の相場は、渡す相手によって異なります。

 

自分の子どもに渡す場合

小学生低学年の場合は、2,000円〜3,000円。高学年の場合は、3,000円〜5,000円。中学生の場合は、5,000円〜7,000円。高校生は、10,000円程度が相場のようです。大学生になると、お年玉を渡さなくなる家庭が多くなるようですが、20歳までは渡すという家庭もあるようです。そのような場合も10,000円が相場になっています。未就学児(3歳〜6歳)の場合は、500円〜1,000円が相場とされています。

 

親族の子どもに渡す場合

小学校低学年〜高学年の場合は1,000円〜3,000円。中学生〜高校生の場合は、5,000円程度が一般的です。大学入学を境に、お年玉を渡さなくなる場合もあります。未就学児(3歳〜6歳)の場合は、1,000円〜3,000円が相場です。

 

友人・知人の子どもに渡す場合

未就学児〜小学校高学年の場合は3,000円程度、中学生・高校生の場合は5,000円程度が相場です。親族の子どもに渡す場合の相場と同額と考えてよいでしょう。ただし、それぞれの家庭にお年玉のルールがあるため、渡す場合は、あらかじめ親御さんに確認しておきましょう。

 

<ご予算や相手に合わせて選べる「クッキーラングドシャー」はこちら

 

お年玉のマナーは?


ポチ袋に入れて渡す

お年玉は、ポチ袋に入れて渡すのがマナーです。ポチ袋の表面に、渡す相手の名前を書き、裏面に自分の名前を書くのが一般的です。「素敵な一年になりますように」や「勉強がんばってね」などのメッセージを書き添えると、より気持ちが伝わります。ポチ袋がない場合は、手持ちの封筒や紙などに包んで渡しましょう。封筒や紙がない場合は、白い紙やティッシュに包んで渡してもよいでしょう。現金を、裸のまま渡すのは極力避けましょう。ポチ袋は多めに用意しておくと、急な来客があっても安心です。

 

お金はキレイな状態で渡す

渡すお金は、新札のお札とキレイな状態の硬貨を、用意しておきましょう。新しい年のような気持ちのいい新札を手にすれば、子どもたちも気持ちが引き締まります。新札の準備が間に合わず、どうしても渡せない場合は、「新札の持ち合わせがなくてごめんなさい」などの言葉を添えましょう。

 

お札の折り方や硬貨の向きに注意する

お年玉をポチ袋に入れる場合には、正しい入れ方があります。お札を折る時は、肖像が内側に入るように左から右に三つ折りにします。硬貨は、裏側(製造年月が書かれている側)を下にして入れるのがマナーです。

 

目上の方の子どもに渡す場合は現金はNG

お年玉は、本来、目上の者から目下の者に渡すものなので、上司や先輩の子どもに対しても同様と考えましょう。もし渡す場合は、「お年賀」としてお菓子の詰め合わせなどを持参したり、図書カードや、Amazonギフトカードなどを渡すという方もいるようです。現金は、「お金に困っている人に渡す」という印象を与えるので、NGです。

 

<個包装だから、ご家族みんなで分け合える ヨックモックのクッキー詰め合わせはこちら

 

「忌み数」に注意する

最近は、あまり気にしないという家庭も多いようですが、「死」を連想させる400円や4,000円、「苦」を連想させる900円や9,000円などは、できるだけ避けたほうが良いでしょう。

 

相手が喪中の場合は時期をずらして渡す

お年玉は、無事に新年を迎えたことをお祝いするものです。そのため、相手方が喪中の場合(故人が亡くなられてから90日)は、お年玉も控えるのがマナーです。どうしても喪中の間に渡す必要がある場合は、「お小遣い」のような表記に変えて渡すようにしましょう。

 

 

お年玉はいつ渡すの?


お年玉は、新年の挨拶を終えた後に渡すという家庭が、多いのではないでしょうか。形式的には、それでまったく問題ありませんが、関東の場合は1月7日まで、関西の場合は1月15日までに渡すのが正しいマナーとされています。また、お年玉は本人に直接渡すのがマナーとされています。その場に本人がいない場合は、親御さんに預けるか、後日、現金書留で郵送してもよいでしょう。

 

<老若男女問わず喜ばれる ヨックモックの「シガール」はこちら

 

いかがでしたでしょうか。お年玉には、それぞれの家庭の事情や地域、立場、相手との関係性によって、さまざまなルールがあります。もっとも大切なのは、新年のお祝いと相手への想いを心を込めてつたえることです。今回ご紹介した基本的なマナーをしっかり押さえて、楽しいお正月を過ごしてください。

 

【関連コラム】

お正月の挨拶マナーとお年賀おすすめの品

知らないと恥ずかしい!年末年始のしきたりとマナー

会えなくても気持ちは伝わる!年始の挨拶のギフト選び

手渡しでも安心!お歳暮ギフトを直接渡す時のマナーと注意点

  1. 暑中見舞い
  2. ビスケット
  3. お中元.マナー
  4. 訃報
  5. プレゼント.贈りもの
  6. ハロウィン
  7. 新生活
  8. 贈り物
  9. チョコ
  10. お歳暮
  11. 香典返し
  12. アイスクリーム
  13. 男子
  14. 餞別
  15. 誕生日
  16. ダイヤモンド婚式
  17. 寒中見舞い
  18. お年賀
  19. 七五三
  20. 謝罪
  21. 洋菓子詰め合わせ
  22. 米寿
  23. ホワイトデー
  24. 成人式
  25. 季節のご挨拶
  26. 入園祝い
  27. ゴールデンウィーク
  28. クッキー詰め合わせ
  29. ジューンブライド
  30. 取引先
  31. 帰省
  32. 入社祝い
  33. お取り寄せ
  34. 節句
  35. ガトーエクセラン
  36. 男性
  37. 葬式
  38. 新盆
  39. プチギフト
  40. 結納返し
  41. 風呂敷
  42. ケーキ
  43. 褒章
  44. 長寿
  45. 楽しい
  46. 結婚祝い
  47. 旧盆
  48. お礼
  49. マナー
  50. ウエディング
  51. 義実家
  52. 両親
  53. フルーツジュレ
  54. バレンタイン
  55. クリスマスケーキ
  56. 白寿
  57. 定年退職祝い
  58. 周年記念
  59. お土産
  60. 緑寿
  61. ご挨拶
  62. お菓子
  63. 孫の日
  64. 赤ちゃん
  65. バレンタインデー
  66. 内祝い
  67. 南青山ロール
  68. 転勤祝い
  69. 歴史
  70. 結婚内祝い
  71. 期間限定商品
  72. プロポーズ
  73. 水引
  74. 卒業
  75. 解説
  76. お香典返し
  77. 初節句
  78. 卒業祝い
  79. 厄年
  80. 銀婚式
  81. 陣中見舞い
  82. 雨の日
  83. 女性
  84. 初正月
  85. 入学
  86. 入学祝い
  87. ギフト
  88. 復職
  89. 節分
  90. 半返し
  91. 訪問
  92. 配送
  93. お供え物
  94. 産休
  95. 法事
  96. 洋菓子.洋菓子詰め合わせ
  97. 忘年会
  98. クッキーラングドシャー
  99. のし
  100. 卒寿
  101. 挨拶
  102. 引越し
  103. 準備
  104. 新年会
  105. 卒園祝い
  106. 家族
  107. 年代別
  108. イベント
  109. 成人内祝い
  110. ひな祭り
  111. お返し
  112. コーヒー
  113. 上司
  114. 年末年始
  115. ティータイム
  116. クッキー詰めわせ
  117. 年末
  118. カーネーション
  119. 新築祝い
  120. オンライン
  121. 母の日
  122. ご褒美ギフト
  123. 古希
  124. 快気祝い
  125. ふくさ
  126. ビジネス
  127. チョコレート
  128. ご褒美
  129. 会葬御礼
  130. 焼き菓子
  131. 挨拶回り
  132. 喜寿
  133. 転勤
  134. 快気内祝い
  135. 親睦会
  136. 結納
  137. ゼリー
  138. 結婚記念日
  139. お花見
  140. 七夕
  141. 冠婚葬祭
  142. 就職祝い
  143. 記念
  144. 粗品
  145. 退職
  146. スポーツ
  147. 一人暮らし
  148. 福利厚生
  149. 出産内祝い
  150. お礼状
  151. 御礼ギフト
  152. お彼岸
  153. 香典
  154. お菓子詰め合わせ
  155. 移転祝い
  156. お盆
  157. 義父
  158. イースター
  159. 手渡し
  160. おすすめ
  161. いい夫婦の日
  162. 菓子折り
  163. 洋菓子
  164. クッキーラングドシャ―
  165. 卒園
  166. 敬老の日
  167. お食い初め
  168. お年玉
  169. 水晶婚
  170. 上場
  171. 長寿内祝い
  172. 外国人
  173. 上場祝い
  174. 友人
  175. シガール
  176. 梅雨
  177. 社内イベント
  178. 残暑見舞い
  179. 年始
  180. 帰省土産
  181. 夏休み
  182. 喪中
  183. 自分
  184. 母の日ギフト
  185. ハーフ成人式
  186. 異動
  187. 成人祝い
  188. 景品
  189. 株式上場祝い
  190. 出産祝い
  191. ラングドシャー
  192. お餞別
  193. 災害見舞い
  194. 退職祝い
  195. 焼き菓子詰め合わせ
  196. 子供
  197. 由来
  198. お見舞い
  199. 職場
  200. お宮参り
  201. 端午の節句
  202. アイスティー
  203. 引越し祝い
  204. GW
  205. 結婚
  206. 栄転祝い
  207. 女子
  208. 子どもの日
  209. お泊り会
  210. 仕事復帰
  211. 社内表彰
  212. 結婚式
  213. 逆バレンタイン
  214. 文例
  215. おうち時間
  216. クッキー詰め合わせ.スイーツ
  217. 引越し内祝い
  218. 子ども
  219. 発表会
  220. 就職
  221. クリスマス
  222. 詰め合わせ
  223. 手土産
  224. 初詣
  225. お正月
  226. 義母
  227. 勤労感謝の日
  228. 厄払い
  229. 家庭訪問
  230. 職場復帰
  231. おもてなし
  232. 差し入れ
  233. 開業祝い
  234. サブレ
  235. メッセージカード
  236. クッキー
  237. こどもの日
  238. タブー
  239. 帰省暮
  240. 新築内祝い
  241. 高校
  242. 転職
  243. 金婚式
  244. 二次会
  245. 傘寿
  246. メッセージ
  247. 還暦
  248. 昇進祝い
  249. 紅茶
  250. 個包装
  251. 父の日
  252. プレゼント
  253. 贈りもの
  254. テレワーク
  255. スイーツ
  256. お祝い
  257. 中学
  258. お中元
  259. 引き出物
  260. 叙勲